物流ロボットの市場規模は2027年に292億9,340万米ドルに達すると予測


生産性と安全性を高め、人的エラーやプロセス全体のコストを削減する重要な役割

世界の物流ロボット市場は2018年における43億5,620万米ドルから、2019年から2027年の予測期間にわたり19.1%のCAGRで成長し、2027年までに202億9340万米ドルに達すると予想されています。

世界中の高齢化人口の割合増加は、さまざまな業界で労働力を削減する動きを後押しする主要な要因の1つです。 世界中の各国で、コミュニティの高齢者の数が急増しています。人口の高齢化は、労働市場と金融市場を含む21世紀のすべてのセクターにわたる社会変革の重要な要素の1つになりました。

複数の業界に物流ロボットを実装することは、全体的なプロセスコストの削減、生産性の向上、安全性の向上、人的ミスの削減において重要な役割を果たします。 倉庫に関連するテクノロジーの急速な進化は、サプライチェーンプロセスが直面する課題に焦点を当て、ビジネス目標に結び付いた結果をもたらします。 製品のライフサイクルのさまざまなユニット、機能、ステージにわたってロボットを実装することは、成長への道をたどる今日の倉庫にとって重要な課題です。

物流ロボット市場は、世界の5つの異なる地域の市場動向と収益を生み出す要因から派生しています。
北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、MEA、およびSAM。 APAC地域は最高の市場シェアを保持していますが、北米は今後数年間で最も急速に成長する地域になると予測されています。 この地域のサプライチェーン業界では、絶え間ない変化が見られます。これは、倉庫保管と流通の基本に大きな影響を与えています。 これらの変革は、サプライチェーン業務と顧客の新たな要件との間のギャップを埋める技術の開発に関連しています。 この絶え間ないデジタル化と技術の変更は、eコマースの普及の影響を受けており、これにより、地域の顧客は、注文処理業務に即時かつリアルタイムの需要影響を与えることができました。

物流ロボット市場の市場で活動している主要な企業は、AGV International、Clearpath Robotics、Daifuku Co. Ltd.、Fanuc Corporation、Fetch Robotics Inc.、KION GROUP AG、KNAPP AG、Kollmorgen、Kuka AG、Toshiba Corporationなどが挙げられます。
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]