古紙リサイクル市場は2027年に561億4,038万米ドルへ


政府の廃棄物管理規制によって古紙リサイクル市場は4.7%のCAGRで拡大すると予測


世界の古紙リサイクル市場は2018年に375億2,960万米ドルに達し、2019年から2027年の予測期間中に4.7%のCAGRで成長、2027年までに561億4,038万米ドルに達すると予測されています。

古紙リサイクルとは、古紙を新しい紙製品に変えるプロセスです。 古紙のリサイクルプロセスには、古紙の再利用のための収集、選別、細断およびパルプ化、ろ過、汚れの除去と脱墨、および仕上げが含まれます。


アプリケーションセグメントでは、印刷および筆記用紙セグメントが世界の古紙リサイクル市場で最大のシェアを占めました。 印刷および筆記用紙は、カタログ、書籍、ノート、新聞、雑誌、商業印刷、ビジネスフォーム、文房具、コピー、デジタル印刷の製造に使用されます。 複数の用途におけるこれらの紙の需要は、リサイクルされた印刷および筆記用紙市場の成長を促進しています。 たとえば、小売業者は、印刷されたカタログなどの販売およびマーケティングツールを使用して顧客とつながり、新製品の発売、割引、価格を表示します。 このようなマーケティング戦略の進展により、カタログを作成するための紙の印刷および書き込みの需要が高まっています。


廃棄物の蓄積による環境への影響とその管理の失敗に関する認識の高まりは、世界中のさまざまな政府が廃棄物管理に関連する規制を実施するように駆り立てる主な理由の1つです。紙のリサイクル産業は、米国、カナダ、インド、中国、日本、ドイツなど、多くの国で拡大しています。各国の政府は古紙のリサイクルを奨励する規制を実施しています。 American Forest&Paper Association(AF&PA)、Independent Waste Paper Processors Association(IWPPA)、Confederation of Paper Industries(CPI)、European Recovered Paper Association(ERPA)など、数多くの団体が古紙リサイクルの実践を奨励しています。そのような団体は古紙リサイクル市場の成長を支えています。古紙のリサイクルは、産業用途に限らず、新聞、雑誌、包装紙などの家庭用古紙も含まれます。これらの発生源からの紙くずの発生は非常に多く、このくずは、それを廃棄したり焼却したりするのではなく、リサイクルする必要があります。政府の規制の実施と古紙リサイクルに関連する新しい協会の設立により、古紙リサイクルの市場は今後数年間で急速に拡大すると推定されています。

古紙リサイクルの市場は、非常に定評のあるプレイヤーに集中しています。 世界の古紙リサイクル市場の主要プレーヤーには、Cascades Recovery +、Global Waste Recyclers Ltd、Hanna Paper、Heinzel Holding GmbH、International Paper、Perlen Papier AG、Republic Services Inc.、Sonoco Products Company、ST Paper Resources Pte Ltd.、WASCOなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]