Automation-as-a-Service (AaaS) 市場規模、2027年233億9000万米ドルに到達見込み

ロボット工学、人工知能、機械学習の進歩は、オートメーションの新時代の到来を告げる

The Insight Partnersの調査によると、世界のAaaS市場は2027年に234億米ドルに達すると予測されており、2019年から2027年までの予測期間中CAGRは27.5%になる見通しです。


ロボット工学、人工知能、機械学習の進歩は、オートメーションの新時代の到来を告げるものです。認知能力を必要とする作業を含むさまざまな領域において、機械が人間のパフォーマンスに匹敵するか、それを上回ります。アクティビティの自動化により、エラーを減らし、品質と速度を向上させ、場合によっては人間の能力を超える結果を達成できるため、ビジネスのパフォーマンスを向上させることができます。自動化はこれまで行われてきたように生産性にも貢献します。生産性の伸びが鈍いとき、オートメーションは経済成長と繁栄に必要な後押しを与え、多くの国で減少する労働人口の影響を相殺するのに役立ちます。
コグニティブコンピューティング、機械学習、人工知能などの新しいテクノロジーの成長により、自動化ツールの開発が急速に促進されることが期待されています。イノベーションリーダーやビジネスのパイオニアの間ではインテリジェントテクノロジーを使って新たなプラットフォームを創造することになるでしょう。そうして開発された柔軟なフレームワークは人員配置、経費から事業の遂行、生産性といったすべてを組み込むことが可能となります。さらに世界中の組織はRPA、プロセスオートメーション、AI、ML、ブロックチェーンなどの革新的で破壊的なテクノロジーに多大な投資を行って、最適化を推進するとともに収益の成長とイノベーションを促進するタスクに重要なリソースを再集中させようとしています。

ICT企業、さまざまな業界のプレーヤーは、自動化ソリューションとサービスへの多額の投資を計画しています。ベンダーが提供する自動化プラットフォーム、テクノロジーが可能とする自動化能力により、クライアントはより良いビジネス価値の創造に集中できます。大企業だけでなく世界中のさまざまなSMEも自動化サービスを採用して、企業運営の簡素化に役立てています。この傾向は主に、クラウドオンリーという新しいカテゴリのソリューションによって促進されています。これは、迅速なセットアップで統合の複雑さとインストールコストを最小限に抑えるのに役立ちます。
Automation-as-a-Service市場は、近い将来に高い成長を示すと予測されています。自動化ソリューションによって提供されるコスト上のメリットや、テクノロジープロバイダーによる迅速な製品開発などの要因により、さまざまな業界での導入が推進されています。ただし、運用手順の変更や効率に影響するようなルールの存在などが予測期間中の市場の成長を妨げる可能性があります。

主要なプレーヤー企業は、Accenture PLC、Automation Anywhere、Inc.、Blue Prism Group plc、HCL Technologies Limited、Hewlett Packard Enterprise、IBM Corporation、Microsoft Corporation、NICE Ltd.、Pegasystems Inc.、UiPath 等。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]