薬局管理システム 市場は2027年に392億2360万米ドルに達する見込み

The Insight Partnersの市場調査によると、世界の薬局管理システム市場は、2019年の57憶2482万米ドルから2027年には139憶8527万米ドルに達すると予測されています。この間、市場はCAGR11.9%で成長するでしょう。レポートは市場のドライバーと制約と共に、グローバルな薬局管理システム市場で一般的な傾向を提供します。この度発刊されたレポートは、この市場の拡大要因と制約要因、さらには世界の薬局管理システム市場で見られる傾向について記述します。

世界の薬局管理システム市場は、ソリューションとサービスで構成されています。そのうち、2019年に最大の市場シェアを占めたのはソリューションセグメントでした。薬局管理ソリューションは、効率的、安全な調剤において重要な役割を果たし、薬剤師の業務をサポートします。したがって、このセグメントは予測期間中、大幅な速度で成長すると予想されます。
市場の成長を後押しする主要な要因には、ヘルスケアITセクターの発展と薬局数の増加が含まれます。ただし、不適切なデータ統合が市場の成長を妨げる要因となっています。

薬局管理システム市場は主に、McKesson Corporation、Cerner Corporation、General Electric Company、Allscripts Healthcare、LLC、Epicor Software Corporation、OMNICELL INCなどのプレーヤーで構成されています。うち何社かは市場のポジショニング強化のために提携などの無機的な成長戦略に特化しています。たとえば、2018年5月、Sentara RMH Medical Centerは、OMNICELLの中央薬局自動化を採用して、薬物管理プロセスの制御性、効率性、安全性を強化しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]