セキュリティアドバイザリーサービスの市場規模:2027年に378億6,000万ドル到達、デジタル化がサイバー攻撃のリスクを増大

セキュリティアドバイザリーサービスの市場規模は、2018年の88億5,000万米ドルから2027年には378億6,000万ドルに拡大し、予測期間中のCAGRは17.7%で推移する見通しです。

世界のデジタル化革命は、ビジネスモデルと既存のプロセスを変革して運用効率と収益を向上させるために、ビジネスにデジタルテクノロジーとプロセス自動化を活用する大きな市場機会をもたらします。エンドツーエンドのビジネスプロセスの最適化、運用効率、コストの削減、人的ミスは、あらゆる業界でデジタルトランスフォーメーションの成長を促進させている要因です。過去数十年で、接続されたデバイス、デジタルサービス、モノのインターネット(IoT)、および人工知能が急激に増加しています。従来のプロセスからデジタルプロセスおよび自動化プロセスへの企業のパラダイムシフトは、効率の向上、コストの削減、収益機会の増加など、企業に多くのメリットをもたらしています。顧客の需要の高まりと業界の競合により、デジタル変革はあらゆる企業の持続可能な成長のための重要な要件となっています。多くの利点を提供しているにもかかわらず、デジタル化は企業をサイバー攻撃の危険性にさらす機会を増やしています。政府機関、保険会社、ヘルスケア機関、金融会社、および重要なインフラストラクチャ組織は、サイバー攻撃最大の標的となっています。したがって、潜在的なリスクを理解し、全体的な情報セキュリティフレームワークを強化するために、世界中の企業がセキュリティアドバイザリーサービスに投資し、今後数年間で成長を推進することが期待されています。

産業間のデジタル変革の高まりと顧客間の接続デバイスの急増に伴い、サイバー攻撃の頻度と複雑さもかつてない速度で増大しています。大規模および中小企業を問わず、あらゆる規模の企業がサイバー攻撃の脅威に直面しています。デジタルセキュリティ会社のGemaltoによると、2018年上半期のデータ漏えいの件数は、2017年の同時期と比較して140%増加し、30億を超えるデータレコードが侵害されました。同様に、CISCOの「SMBサイバーセキュリティレポート」によると、中規模企業の約53%が25か国以上で何らかのデータ漏えいを経験しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]