血友病治療の市場規模、2027年に440億ドル8,971万米ドルに到達見込み

【製品別では血漿由来凝固因子濃縮物セグメントが市場の成長を牽引予想】

The Insight Partnersの調査によると、世界の血友病治療市場は2019年の144億5,481万米ドルから2027年には440億ドル8,971万米ドルへと拡大すると予想されており、2020年から2027年までのCAGRは15.9%になる見通しです。当レポートは、世界の血友病治療市場の動向と、市場の成長促進因子ならびに阻害要因を提供しています。

血友病治療市場は、製品別に血漿由来の凝固因子濃縮物、組換え凝固因子濃縮物、抗線溶薬、デスモプレシンに分割されています。2019年、血漿由来凝固因子濃縮液セグメントは、血友病治療市場で最大の市場シェアを占めました。このセグメントは、2027年に市場を支配すると予想されます。一方、組換え凝固因子濃縮物セグメントは、予測期間中に最高の成長率を目撃すると予想されます。より短い時間での血友病治療の有効性やより効率的な血液凝固などの特定が、セグメントの成長を後押しすると予想されます。

外科的手技の増加やスポーツ外傷の発生率の増加などの要因により、市場の成長が加速すると予想されます。さらに、世界のヘルスケア市場の成長は、今後数年間の市場の成長にプラスの影響を与える可能性があります。

血友病治療市場で活動している著名なプレーヤーは、Bayer AG、Sanofi、F. Hoffmann-la Roche Ltd.、Kedrion S.P.A.、CSL Limited、Biotest AG、Pfizer Inc.、Novo Nordisk A/S、Octapharma AG、Baxter International Incなどが挙げられます。市場のプレーヤーは、市場での地位を維持するために業界のプレーヤーとの買収に焦点を当てています。たとえば、2020年2月に、ノボノルディスクは抗血友病製品、つまりEsperoctを発売しました。この製品は、成人および血友病Aの小児における血友病の影響を軽減する可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]