石英市場、2027年迄に12億5,390万米ドルに到達と予測

石英市場を主導・牽引するのはエレクトロニクスおよび半導体セグメント

世界のクォーツ(石英)市場は2018年に8億3,700万米ドルと評価されており、2027年までの期間中、6.2%のCAGRで成長すると予想されます。 レポートには、この成長を牽引するものについての重要な理解が含まれており、市場でよく知られているプレーヤーとその傾向を強調しています。

石英は、低温と圧力で安定した鉱物形態のSiO2です。それは、主に大陸の地域で、火成、堆積、変成、および熱水鉱物環境で見られます。機械的および化学的耐候性が非常に高く、耐久性が高いため、山頂の主要な鉱物であり、川、ビーチ、砂漠の砂の主成分です。最終用途の産業に基づいて、石英市場は、電子機器や半導体、太陽光、建築および建設、医療、光学、通信などに分割されています。 2018年、エレクトロニクスおよび半導体セグメントは27.5%のシェアで石英市場を主導し、予測期間中もその優位性を継続すると予想されます。硬度、化学純度、高温および腐食への耐性、電気絶縁などの石英の物理的特性は、半導体製造における理想的なコンポーネントです。高純度石英(HPQ)は、TV、AC、ノートパソコン、スマートフォンなどの消費財で広く使用されています。ソーラーおよび半導体業界では不可欠なコンポーネントとしても扱われます。したがって、これらの産業における石英の利用の増加は、予測期間中に市場を牽引すると予想されます。

2018年、APACは世界の石英(クォーツ)市場で最大のシェアを獲得しました。 この地域の最大の市場シェアは、主にこの地域の主要な石英メーカーの存在に起因しています。 中国、日本、韓国、インドなどのAPAC諸国の先進国と発展途上国におけるエレクトロニクス産業からの石英の需要の増加は、APACの石英市場の成長を推進しています。 さらに、アジア諸国で確立された建築および建設セクターは、石英市場で活動する主要企業に巨大な市場機会を提供します。 中国やインドなどのアジア諸国で生産された石英および石英製品は、主に米国、ドイツ、フランスに輸出されています。
石英のグローバル市場の主要プレーヤーは、ババクォーツ、クオリティクォーツエンジニアリング、モメンティブ、クォーツコーポレーション、クレスウィッククォーツ、セントゴバンS.A.、デュポン、シベルコNV、サーモフィッシャーサイエンティフィック、シーザーストーンなどが挙げられます。
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]