風力タービン複合材料市場規模、2027年に91億3,860万米ドルに達するとの予測


風力タービン設備の増加により風力タービン向け複合材料市場は5.8%のCAGRで拡大すると予測


風力タービン複合材の世界市場規模は2018年に56億2100万米ドル、予測期間2019年から2027年の間に5.8%のCAGRで成長すると予想されます。


風力タービン複合材は、ブレードやナセルなどの風力タービン部品の生産に使用される複合材またはコンポーネントとして定義され、弾力性と引張強度に特徴があります。複合材料を使用すると、低いメンテナンスコスト、耐腐食性、長寿命など優れた特性を備えた軽量コンポーネントの製造に役立ちます。世界の風力タービン複合材料市場は、繊維の種類によって、ガラス繊維と炭素繊維などに分けられています。ガラス繊維セグメントは、2018年に世界の風力タービン複合材市場を支配しました。さらに、炭素繊維およびその他の繊維タイプのセグメントは、予測される期間にわたってより速いペースで成長すると予想されます。ガラス繊維は風力タービン複合材料の製造にますます使用されています。タイプE(電気)のガラス繊維は、複合材料の製造に最も広く使用されています。複合材料用のガラス繊維には、適度な剛性、高強度、および適度な密度という特性の優れた組み合わせがあります。


風力エネルギーは、急速に成長している再生可能エネルギー技術の1つです。 風力エネルギーの世界的な設置容量は、過去20年間で75倍に増加しています。 国際再生可能エネルギー局によると、風力発電設備の設置ベースは1997年の7.5ギガワットから2018年には約564ギガワットに上昇しました。風力タービン複合材料の需要は、新しい風力タービンの設置やブレード、タワー、その他の用途での柔軟な材料の需要の増加に依存しています。中国、ヨーロッパ、北米での風力発電所の増加により、風力タービン複合材料の市場が拡大すると予想されています。風力発電所の発電容量拡大と世界中の風力発電所プロジェクトの急増により、風力タービンの市場が促進され、その結果、大きな需要が生じると予想されます。

世界の風力タービン複合材市場の主要なプレーヤーの一部は、ENERCON GmbH、Hexcel Corporation、Lianungang Zhongfu Lianzhong Composites Group Co.、Ltd、LM Wind Power、Molded Fiber Glass Companies、Nordex SE、Siemens Gamesa Renewable Energy, SA、Suzlon Energyなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]