電子治験マスターファイル(eTMF)市場、2027年に31億5,560万米ドルに達すると予測

臨床試験の数の増加やeTMFの採用の増加、臨床試験のデジタル化が市場を牽引、2020年から2027年の間にCAGR 16.5%で成長すると予測

世界の電子臨床マスターファイル市場は、2019年の9億3,428万米ドルから2027年には31億5,644万米ドルまで成長すると予測されています。

電子治験マスターファイル(eTMF)市場は、ソフトウェアとサービスに分かれています。サービスセグメントは、2019年に最大の市場シェアを保持しました。さらに、同じセグメントは、予測期間中に市場で17.0%の最高のCAGRを記録すると予想されます。臨床試験プロセスは、製薬、バイオテクノロジー、およびその他ライフサイエンス企業にとって、非常に複雑で規制の厳しい段階です。 eTMFソリューションにより、これらの企業はワークフローを効率的かつ正確に管理できます。情報技術の進歩により、医療IT企業は臨床試験管理のためのソリューションとサービスを提供できるようになりました。
電子治験マスターファイル(eTMF)市場は、臨床試験の数の増加やeTMFの採用の増加などの要因により、成長すると予想されます。 さらに、市場プレーヤーによる戦略的イニシアチブは、今後数年間の市場の成長にプラスの影響を与える可能性があります。 さらに、臨床試験のデジタル化は市場で流行していると予想されます。

電子治験マスターファイル(eTMF)市場で活動している主要企業として、Covance Inc(Lab Corp)、Oracle、Ennov、Mastercontrol、Inc.、Omnicomm、Pharmavigilalnce、Veeva Systems、Phlexglobal、Aurea.Inc、TRANSPERFECTなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]