マルウェア分析の市場規模、2027年に248億米ドルに到達見込み


予測期間2019~2027でのCAGRは29.2%になる見通しのマルウェア分析市場は2027年に248億米ドルに達すると予測

サイバー攻撃者が悪意のあるペイロードだけでなくマルウェアパッケージ全体を暗号化するための新しい高度な方法を発見するにつれて、防御側はこのソフトウェアを分析して無効にすることがさらに困難であることに気付きつつあります。 大量の自動マルウェア作成の脅威と難読化手法の強化により、セキュリティ会社が分析できるサンプル情報の割合が大幅に減少する可能性があります。 このように、攻撃動作の絶え間ない変化により、企業はより包括的で注意深いマルウェア分析ツールを採用しています。

マルウェア分析市場は、ソフトウェアとサービスに基づいたセグメントです。 ソリューションセグメントは、2018年にコンポーネント別にマルウェア分析市場を牽引しました。 予測期間中、その優位性を継続すると予想されます。 マルウェア分析は、悪意のあるコードを検証して、ホストまたはネットワーク上でそれを識別し、それがどのように機能し、どのように排除するかを明らかにします。 これは、全体的なセキュリティ戦略の主要コンポーネントの1つです。 マルウェア分析は、インシデント対応に非常に役立ちます。 技術的な指標が明らかになると、対応者は同じマルウェアの影響を受ける他のリソースをさらに特定できます。 また、効果的な回復と根絶に必要な情報も提供します。
マルウェア分析市場は、世界の5つの異なる地域の市場動向と収益創出要因から派生しています。北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、MEA、およびSAM。北米地域は市場シェアが最も高いですが、APACは今後数年間で最も急成長する地域になると予測されています。米国は、グーグル、オラクル、IBM、アマゾンウェブサービスなどを含む主要なITおよびクラウドベースの企業の中心地です。また、十分に発達したインフラを備えた世界最大の経済国でもあります。米国は世界で最も影響力のある金融市場であり、最大の証券取引所の1つです。国内のデータの急増は、いくつかの技術および金融機関の存在によるものです。さらに、IoTベースの接続デバイスの高度な統合により、毎秒大量のデジタルデータが生成されます。ビッグデータ、ビジネスインテリジェンス(BI)、およびその他の関連テクノロジの分野での開発は、さまざまな企業によるマルウェア分析の採用の成長を促進すると期待されています。

マルウェア分析市場で活動している主な企業は、AO Kaspersky Lab、AT&T、Broadcom、Cisco、CrowdStrike、FireEye、Fortinet、Palo Alto Networks、Qualys、Trend Microなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]