滅菌サービス市場、2027年に推定44億米ドル規模に到達予測(The Insight Partners発行レポートより

【サービスタイプ別では、受託滅菌サービスが急成長見込み】

The Insight Partnersによると、世界の滅菌サービス市場は、予測期間中6.3%のCAGRで成長し、2027年には44億18万米ドルに達すると推定されています。当レポートは、滅菌サービス市場の一般的な傾向と、市場の成長要因、および阻害要因を提供します。

滅菌サービス市場は、サービスタイプに基づいて、受託滅菌サービスと滅菌バリデーションサービスに分割されます。受託セグメントは、予測期間中もその優位性を継続すると予想されます。受託サービスには、医療機器、医薬品、パッケージされたユニットの社内および社外での滅菌が含まれます。病院や製造業者はコストとリソースの負担を大幅に軽減し、中核的な活動に集中できるため、受託サービスは病院や製造業者に好まれています。滅菌サービスの市場は、世界中での外科的処置件数の増加やヘルスケア関連感染の発生率の増加などの要因により、成長すると予想されています。さらに、発展途上国での機会の増加は、予測期間中の市場の成長にプラスの影響を与える可能性があります。

2018年、アジア太平洋地域は世界の滅菌サービス市場で最も急速に成長している地域を占め、予測期間を通じてより速いペースで成長すると予測されていました。この地域の滅菌サービス市場の成長に貢献している要因は、病院の増加とヘルスケア部門の成長です。日本や中国などの国々は、最近の中国での新規コロナウイルスの発生と相まって、院内感染の症例数の増加により、さまざまな成長の機会を提供すると推定されています。

北米地域は予測期間中、滅菌サービス市場の最大シェアを占めています。米国は、滅菌サービスの最大の市場を保持しており、市場は、医療費とインフラストラクチャの大幅な増加、高度な技術の利用可能性、および外科的手技の増加により、成長すると予想されています。カナダとメキシコでは、滅菌サービスに関する政府の取り組みが高まっているため、市場は成長すると予想されています。高性能への需要の高まりにより、市場はメキシコでより速いペースで成長すると予想されます。

滅菌サービス市場の主要企業は、BGS Beta-Gamma-Service GmbH&Co. KG、Cosmed Group、E-BEAM Services Inc、Life Science Outsourcing Inc.、MEDISTRI SA Midwest Sterilization Corporation、Sterigenics US LLC、Microtrol Sterilization Services Pvt Ltd.、Cantel Medical、STERIS plc. Incなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]