セルラーIoTの世界市場、2027年に182億米ドル規模に到達見込み(The Insight Partners発行レポートより)

セルラーIoT市場は、過去数年間で世界的に顕著な成長を遂げてきました。セルラーIoTは、家電、小売、 ヘルスケア、産業などの業界でも広く採用されています。現在、セルラーIoT接続の大部分は、2Gまたは3G接続テクノロジーのいずれかによって実現されています。ただし、4G接続の普及は、低遅延、より広い帯域幅、多数のデバイスのサポートなど、当テクノロジーが提供する利点により急速に拡大しています。2Gおよび3G IoT接続数は、5Gおよびその他のIoTターゲット接続テクノロジー(LTE-MやNB-IoTなど)の登場により、さらに減少すると予想されています。セルラーIoTは、大規模IoT、ブロードバンドIoT、クリティカルIoT、産業オートメーションIoTを含む4つのタイプに大きく分類できます。セルラーIoTの主な使用例には、資産管理、スマートメータリング、フリート管理、AR / VR、ドローン/ UAV、交通制御、自動車、ビルディングオートメーションと制御、グリッドオートメーションなどがあります。世界中のIoT接続の成長を牽引している2つの主要因には、業界間のデジタル化推進の増加と、ビジネスを拡大するモバイルネットワークオペレーターの関心の高まりがあります。セルラーIoTのエコシステムは、3GPP規格、デバイスメーカー、チップセットおよびモジュールメーカー、ネットワークインフラストラクチャプロバイダーとともに、目を見張るペースで成長しています。

LTE-MおよびNB-IoTテクノロジーは、携帯電話のIoT市場における今後のトレンドです。特定のIoTネットワークの需要を満たすためのLTE-MやNB-IoTなどの高効率ネットワークへの投資の増加は、セルラーIoT市場の将来の成長を後押しすると予想されます。 LTE-MおよびNB-IoTテクノロジーは、カバレッジの拡大、デバイスの複雑さの低減、最小電力消費、高いスペクトル効率、システム容量の向上などの利点を提供します。このテクノロジーが提供する主な利点には、高速データスループット、ローミング、音声サービス、モビリティなどがあります。これらのテクノロジーは、2G、3G、4Gなどの現在のモバイルネットワークと簡単に共存でき、これらのモバイルネットワークのすべてのプライバシーとセキュリティ機能もサポートします。 LTE-Mテクノロジーの使用例には、資産管理、フリート管理、ロジスティクス管理、ロケーション監視、スマート棚付けなどがあります。

セルラーIoT市場の主要なプレーヤーは、Arm Holdings Plc、AT&T Inc.、Ericsson、Huawei Technologies Co.Ltd.、Mediatek Inc.、Qualcomm Incorporated、Sierra Wireless、Inc.、Sequans Communications SA、Thalesグループ、ZTE Corporationなどです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]