遺伝子検査サービス市場、2027年に227億180万米ドル規模に到達見込み(The Insight Partners発行レポートより)

The Insight Partnersによると、世界の遺伝子検査サービス市場は、予測期間中11.7%のCAGRで成長し、2027年には227億180万米ドルに達すると推定されています。当レポートは、市場の成長要因および抑制要因と共に、世界の遺伝子検査サービス市場で一般的な傾向を提供します。

遺伝子検査サービスの世界市場は、タイプ別に、予測検査、保因者検査、出生前検査、新生児スクリーニングなどに分類されます。 2019年、予測検査セグメントは、世界の遺伝子検査サービス市場におけるタイプ別の最大の市場シェアを占めました。予測的遺伝子検査では、疾患に関連する遺伝的変化または突然変異を検知します。これらの検査は、病気の兆候が現れる前に行われます。予測可能な検査は、治療可能な遺伝性疾患の家族歴があり、病気の兆候を示さない人々に役立つかもしれません。これらの利点から、当セグメントは予測期間中に大幅な速度で成長すると予想されています。


市場の成長を後押しする主な要因には、遺伝病の有病率の上昇と、個別化医薬品の認識と受け入れの増加が含まれます。ただし、遺伝子検査の社会的および倫理的影響は、ある程度市場の成長を妨げています。

遺伝子検査サービス市場は、Laboratory Corporation of America Holdings、F. Hoffmann-La Roche Ltd.、Illumina Inc.、Quest Diagnostics Incorporated、Exact Sciences Corporation、NeoGenomics Laboratories Inc.、Eurofins Scientific、Ambry Genetics、Centogene AG、23andMe Inc.などの主要プレーヤーで構成されています。市場の中には、市場での地位を高めるためのパートナーシップなど、無機的な戦略に集中している企業もいます。たとえば、2020年1月に、Illuminaはロシュとのパートナーシップを発表しました。パートナーシップは、患者が正しく形質転換ゲノム検査技術へアクセスできることを目的に実施されました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]