超崩壊剤の世界市場、2027年に6億5,917万米ドル規模へ成長見込み(The Insight Partners発行レポートより)

【タブレットセグメント、急速なペースで成長見込み】

The Insight Partnersによると、世界の超崩壊剤市場は、2019年の3億6,956万米ドルから2027年には6億5,917万米ドルに達し、2020~2027年に7.6%のCAGRで成長すると推定されています。当レポートは、世界の超崩壊剤市場の傾向と、市場の成長要因および阻害要因を提供しています。

世界の超崩壊剤市場は、剤形別にタブレットとカプセルに分類されます。 2019年、タブレットセグメントは市場で最大のシェアを保持しました。さらに、タブレットセグメントは、来年中に過去最速のペースで成長すると予想されます。タブレットは、あらゆる病状に最も処方される固形剤形であるため、予測期間中に著しい成長が見込まれます。また、より良い投与量管理と均一性を提供できるとして、タブレットの採用率が高いことも他の重要な市場成長要因に挙げられます。

市場の成長を後押しする重要な要因は、口腔内崩壊剤の採用の拡大とジェネリック医薬品の受容性の向上です。ただし、超崩壊剤の製造に関連する高コストは、予測期間中に市場の成長を妨げると予想されます。

地域別では、アジア太平洋地域が2019年の世界の超崩壊剤市場で最も急成長している地域でした。予測期間中もさらに速いペースで成長することが予測されています。この地域の市場では、中国、日本、インドなどの国で大幅に成長すると予想されています。市場の成長は、政府からの支援の高まり、製薬産業の台頭、医薬品の採用の拡大などに起因しています。同様に、韓国やオーストラリアなどの国では、慢性疾患の発生率の増加により市場が成長すると予測されており、集団健康管理に対する意識の高まりは、予測期間中に市場成長を増加させる可能性があります。

超崩壊剤市場の主要企業は、Ashland Inc.、Basf SE、DowDupont、JRS Pharma、DFE Pharma、Roquette、旭化成株式会社、Merck KGAA、Corel Pharma Chem、Avantor Performance Materials, LLC.などが挙げられます。製品の発売や製品の承認などの有機的な戦略に集中している企業もあります。例えば、2018年4月、Perrigo CompanyとDexcel Pharma Technologiesのパートナーシップにより、胸焼けの治療薬として口腔内崩壊錠Omeprazole ODTが発売されました。同社は、高齢者の顧客ベースを拡大するための戦略的なステップを踏みました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]