X線光電子分光、2027年に世界市場は8億9,690万米ドル規模に到達見込み(The Insight Partners発行レポートより)

【製品タイプ別では単色X線光電子分光が急成長予測】

The Insight Partnersによると、世界のX線光電子分光(XPS)市場は、2019年の5億5,407万米ドルから2027年には8億9,690万米ドルに達し、2020~2027年に6.2%のCAGRで成長すると推定されています。当レポートは、世界のX線光電子分光(XPS)市場の傾向と、市場の成長要因および阻害要因を提供しています。

世界のX線光電子分光(XPS)市場は、製品タイプ別に、単色X線光電子分光と非単色X線光電子分光に分類されています。使用目的別では、元素検出、汚染検出、密度推計、実験式確定、およびその他に分類されています。アプリケーション別では、ヘルスケア、航空宇宙、自動車などに分割されます。製品タイプ別では、2018年に単色X線光電子分光法が世界のX線光電子分光市場で最大の市場シェアを占めました。単色X線光電子分光法は、非単色X線光電子分光法よりも多くの利点があるため、広く好まれています。

X線光電子分光市場は、高性能材料に対する需要の増加や研究開発における民間団体による資金調達の増加などの要因により、成長すると予想されています。さらに、新興国における開発の機会は、今後数年間で市場の成長にプラスの影響を与える可能性があります。

地域別では、2018年にアジア太平洋地域が最も急速に成長しており、予測期間にわたってより速いペースで成長すると予測されていました。この地域で大幅に成長すると予想されている市場は、中国、日本、インドなどです。政府からの支援の増加、高齢者人口の増加、主要なプレーヤーによる戦略的マーケティング政策の実施、医療当局と市場プレーヤーの間のコラボレーションと関連の増加などが市場の成長に起因していると考えられます。

世界のX線光電子分光(XPS)市場の主要企業は、島津製作所, Physical Electronics Inc、Thermo Fisher Scientific Inc、日本電子(JEOL)、Revera Incorporated、SPECS GmBH、Prevac、Scienta Omicron、Staib Instruments、OCI Vacuum Microengineering Incなどです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]