経腸栄養の世界市場、2027年に161億8,564万米ドル規模へ到達見込み(The Insight Partners発行レポートより)

【液体セグメント:予測期間に急成長の見込み】

The Insight Partnersによると、世界の経腸栄養市場は、2018年に86億1,149万米ドル規模に達し、2027年には161億8,564万米ドルに到達すると予想されています。予測期間中、同市場はCAGR7.4%で成長する見込みです。当レポートは、世界の経腸栄養市場の動向および市場の成長促進因子・抑制因子について情報を提供します。

世界の経腸栄養市場は、その形態に基づいて、液体と粉末に区分されています。液体セグメントは、2018年に経腸栄養市場をリードしました。予測期間中も優位性を維持することが期待されています。

市場の成長を牽引している主な要因は、世界中で栄養不良が増加していることと慢性疾患の発生率が増加していることです。一方で、栄養市場には、経腸栄養に関連する合併症を含む抑制要因があると期待されています。

経腸栄養市場の主要企業は、B. Braun Melsungen AG、Global Health Products, Inc.、明治ホールディングス、Victus, Inc.、Hormel Foods Corporation、Abbott、Nestle、Danone SA、Fresenius Kabi AG、Mead Johnson Nutrition Companyなどです。さまざまな企業が、製品の発売や製品の承認などの有機的な戦略に注力しています。無機的成長戦略活動がパートナーシップ提携や買収で見られました。たとえば、2016年12月、Fresenius Kabi AGは、香港での特別な栄養製品に対する需要の高まりを認識し、DKSHと契約して市場での存在感を高めました。 

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]