冷媒監視システムの世界市場、2027年に9億9,000万米ドル規模へ成長見込み(The Insight Partners発行レポートより)

【北米と欧州における製薬産業の成長が冷媒監視システム市場の成長を後押し】

The Insight Partnersによると、世界の冷媒監視システム市場は、2018年に3億7,500万米ドル規模に達し、2027年には9億9,000万米ドルに到達すると予想されています。予測期間中、同市場はCAGR11.7%で成長する見込みです。

冷媒監視システムは、製薬業界で重要な役割を果たしており、数十年にわたって北米および欧州市場で広く使用されています。長年にわたり、米国、英国、ドイツ、フランスでは医薬品に対する大きな需要があり、その傾向は急速に加速しています。これにより製薬会社は長年にわたって生産と販売を増やしています。国際医薬品製造業連合会によると、世界の医薬品市場は2020年までに1兆4,300億米ドルに達すると予想されています。薬剤使用の増加により、米国の製薬会社は消費者の需要を満たすために大きな圧力を受けています。 急増する要件を満たすために、製薬会社は生産量を増やし、適温に保ちながら保管しています。

北米地域は、今年の冷媒監視システム市場で最大のシェアを保持しています。さらにアジア太平洋地域では、2019年から2027年の予測期間に最高の成長率が見込まれています。冷媒監視システムの市場は、コンポーネント、タイプ、アプリケーション、および地理に基づいてセグメント化されています。コンポーネントに基づく冷媒監視システム市場は、検出器、モニター、コントローラーなどに細分化されています。コントローラーセグメントは、冷媒監視システム市場で主要な市場シェアを保持する予定です。タイプ別では、固定式と携帯用に区分されています。固定タイプは冷媒監視システム市場をリードしており、予測期間中もその優位性を維持すると予想されています。用途別では、さらに産業用と商業用に細分化されています。商業部門は、2018年に最大のシェアを保持すると予測されており、2027年までその優位性を維持すると見込まれています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]