クラウドオフィス移行ツールの世界市場、2027年に27億5,380万米ドル規模へ到達見込み(The Insight Partners発行レポートより)

The Insight Partnersによると、世界のクラウドオフィス移行ツール市場は、2018年に6億5,040万米ドル規模に達し、2027年には27億5,380万米ドルに到達すると予想されています。予測期間中、同市場はCAGR17.8%で成長する見込みです。

さまざまな業界でクラウドベースのソリューションの人気が高まっているため、各企業はサーバーのワークロードをクラウド環境へ移行しようと戦略を立てています。運用コストを低く抑えながらスケーラビリティと柔軟性の実現に向けて企業が注力しているため、さまざまな地域でクラウドベースソリューションの人気が高まっています。クラウドオフィス移行ツールは、企業がサーバーワークロードをクラウド環境に効率的に移行するのに役立ちます。そのため、クラウドソリューションの人気が高まるにつれて、クラウドオフィス移行ツールの需要が高まっています。

世界的組織は、ビジネスの俊敏性を高め、競争力のある差別化を推進しながら、コストを削減する方法を模索しています。グローバルに重要なパフォーマンスを提供し続ける信頼性の高いアプリケーションを構築するには、組織はデータセンターを必要とするか、少なくとも世界中のさまざまなデータセンタープロバイダーと契約しようとします。需要の増加に応じて拡大する能力と、変動する需要を処理する能力が必要です。この準備は、高いコストと時間を要します。 IT管理の強化、モビリティの向上、ITの全体的な洞察、より大きな人材プール、合併と買収の容易化など、クラウドオフィスの移行によってもたらされる利点は、世界中のいくつかの組織によるクラウドオフィス移行ツールの採用を推進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]