自動計量器の世界市場、2027年に3億4,240万米ドル規模へ到達見込み(The Insight Partners発行レポートより)

The Insight Partnersによると、世界の自動計量器市場は、2018年に2億3,520万米ドル規模に達し、2027年には3億4,240万米ドルに到達すると予想されています。予測期間中、同市場はCAGR4.6%で成長する見込みです。

ステンレス製の計量器は、過酷な条件や繰り返し起こる水との接触に耐えることができます。他の材料は、損傷に耐えうる材料で塗装できますが、容赦ない環境または洗い流されてしまう環境に耐えられません。ロードセルのほとんどはアルミニウム製です。これらは、ステンレス鋼のロードセルよりも良好に動作し、コストは低くなりますが、水や他の腐食性物質との接触を処理するようには設計されていないため、腐食性の可能性がある環境で使用されるべきではありません。精度が低下する最も一般的な原因は、計量器への乱用です。計量機とその周辺で作業している従業員は、とりわけ計量プラットフォームに足を踏み入れたり、ボルトを締めたり、ウェイトベルトをひねったりしてロードセルにトルクをかけすぎたり、チェック計量機を不適切に清掃したりします。これにより、知らず知らずにチェック計量機を傷つける可能性があります。

自動計量器市場は、技術別に電磁力平衡とひずみゲージに分類されます。ひずみゲージは市場で大きなシェアを占めていますが、電磁力平衡は予測期間中に最も急速に成長する技術であると予想されます。ひずみゲージ技術により、操作中の簡単な取り付けと簡単な操作が可能になります。厳しい環境から計量器を保護するために、適切に密閉されたひずみゲージ付きのロードセルの購入が推奨されています。 EMFR計量セルは、超高速計量結果を促進します。 EMFR技術は、自動計量機メーカーにとって成長する技術になると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]