航空機MROの世界市場、2027年に1,194億1,000万米ドル規模へ到達見込み

The Insight Partnersによると、世界の航空機MRO市場は、2018年に803億8,000万米ドル規模に達し、2027年には1,194億1,000万米ドルに到達すると予想されています。予測期間中、同市場はCAGR4.6%で成長する見込みです。

整備、補修、オーバーホール(MRO)プロセスは、すべてのビジネスにとって不可欠であり、不可避です。航空機またはそのコンポーネントの適切なMROは、企業が生存するために重大なリスクを回避するのに役立ちます。それゆえ、航空業界のプレーヤーは、適切なビジネスプロセスとインフラストラクチャを作成しサポートすることに主に焦点を当てています。航空業界の商業および軍事セグメントの成長は、予測期間中のMRO市場の成長を促進する可能性があります。さらに、飛行機旅行に金銭的余裕のある世界人口の増加も航空MRO市場の成長を後押しする要因の1つです。人口の増加に伴い、変化のタイミングが急増しています。これに伴い新しい航空機の調達需要も増加しているため、頻繁なMRO活動が必要になっています。さらに、サービス品質の向上、競争の激化、サービス料金の引き下げは、世界中の成熟した市場セグメントと発展途上の市場セグメントの両方に利益をもたらす重要な要素の1つとなっています。

さまざまな改造技術の開発は、古い航空機のフリートに新しい技術を導入することを意味し、乗客の快適性と安全性を高め、航空会社による古いフリートの維持を促進します。航空機技術の絶え間ない進歩により、MRO機能が向上しています。これは、MROサービスプロバイダーが、新しい航空機にサービスを提供すると同時に古い航空機フリートにアップグレードされた技術を後付けするため、常に新しい技術の移行と調達を求めているという事実によるものです。世界の民間航空会社における現在のシナリオは、燃料価格の下落により、古い航空機で持ちこたえようとしている状態です。これにより、航空会社はMRO活動を頻繁に選択せざるを得なくなり、MROサービスプロバイダーは航空会社に新たな技術で航空機フリートを改良するよう促しています。フリート改良の傾向は、MROサービスプロバイダーの間で急上昇しており、航空機MRO市場の成長を促進しています。同様の傾向は長年にわたって続くと予想されており、古い航空機フリートに先進技術と最新技術を統合することで、航空機のMRO市場の状況と航空業界の顔が変わると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]