キノコの世界市場、2027年に661億9,500万米ドル規模へ到達見込み(The Insight Partners発行レポートより)

The Insight Partnersによると、世界のキノコ市場は、2018年に386億6,500万米ドル規模に達し、2027年には661億9,500万米ドルに到達すると予想されています。予測期間中、同市場はCAGR6.3%で成長する見込みです。当レポートでは、世界のキノコ市場の成長促進要因をお届けするとともに、主要プレーヤーに焦点を当てています。

キノコは、一般的に肥満、心臓病、および死亡リスクを下げ、人体を助ける植物由来の食品です。繊維、セレン、コリン、ビタミンD、ビタミンC、ビタミンBなどを豊富に含みます。世界のキノコ市場は、今後数年間で著しく成長すると予測されています。同市場の成長は、主に製品の消費の増加や健康とウェルネスに関する意識の高まりなどの要因によって引き起こされます。キノコには、セレンやグルタチオン、またはGSHなどの抗酸化物質も多く、細胞を損傷から保護し、慢性疾患や炎症を軽減すると考えられています。それに加えて、キノコはエルゴチオネイン、またはエルゴと呼ばれる別の抗酸化物質が最も豊富な食物源でもあります。これらの栄養特性から、食用キノコは世界中の消費者の間で非常に人気が高く、キノコ市場の成長をますます促進させています。

キノコ市場のプレーヤーは、一部の大手企業に集中しています。世界のキノコ市場の主要企業は、Monaghan Mushrooms、Giorgio Fresh Co.、OKECHAMP SA、Scelta Mushroomsなどです。

キノコの地域別市場
キノコの地域別市場
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]