高流量鼻カニューラの世界市場、2027年に111億9,878万米ドル規模へ拡大予測(The Insight Partners発行レポートより)

【用途別では、COPD(慢性閉塞性肺疾患)が予測期間中に急成長見込み】

The Insight Partnersによると、世界の高流量鼻カニューラ市場は、2018年に43億9,074万米ドル規模に達し、2027年には111億9,878万米ドルに到達すると予想されています。予測期間中、同市場はCAGR11.1%で成長する見込みです。当レポートでは、世界の硬質フォーム市場の動向の他、市場の成長促進要因および抑制要因に関する情報を提供しています。

世界の高流量鼻カニューラ市場は、コンポーネント別に空気酸素ミキサー、鼻カニューラ、加熱吸気回路、アクティブ加湿器に分類されます。用途別では、気管支拡張症、急性呼吸不全、急性心不全、慢性閉塞性肺疾患に分類されます。エンドユーザー別では、外来治療センター、病院、長期ケアセンターに分割されます。2018年には、慢性閉塞性肺疾患(COPD)が、用途別で最大の市場シェアを占めました。高流量鼻カニューラは、呼吸がしやすく、病気のより良い管理に役立つため、COPD患者の間で広く好まれています。さらに、COPDの症例が長年にわたって増加しており、予測期間中にセグメントの成長を促進すると予想されています。

高流量鼻カニューラ市場は、世界中で見られる喘息やCOPDの発生率の増加や、高齢者人口の増加などにより、成長が見込まれています。さらに、アジア太平洋地域の新興市場では、今後数年間で市場の成長にプラスの影響を与える可能性があります。

高流量鼻カニューラ市場の主要企業は、Great Group Medical、Salter Labs、Fisher and Paykel Healthcare、TNI Medical AG、MEK-ICS、Flexi Care Medical、Vapotherm、Teleflex Incorporated、ResMed、Hamilton Medical などです。同市場では近年、さまざまな有機的・無機的発展が観察されています。例えば、ResMedは2019年3月にHB Healthcare(HBH)の買収を完了し、睡眠時無呼吸症候群、COPDおよびその他の呼吸器疾患を抱える数百万人の韓国人を支援しました。

高流量鼻カニューラ市場地域別シェア
高流量鼻カニューラ市場地域別シェア
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]