超音波センサーの世界市場、2027年に90億9,000万米ドル規模へ到達見込み(The Insight Partners発行レポートより)

The Insight Partnersによると、世界の超音波センサー市場は、2018年に44億3,000万米ドル規模に達し、2027年には90億9,000万米ドルに到達すると予想されています。予測期間中、同市場はCAGR8.4%で成長する見込みです。

超音波センサーは、飲食料品、化学薬品、医療、自動車、農業、廃水管理など、さまざまな業界で広く使用されています。製造業や他の産業への自動化の統合の増加により、Industry 4.0の使用は超音波センサー市場の成長に大きく貢献しています。さらに、自動運転車やADAS機能を備えた他の車両でセンサーを使用して駐車中に距離を測定することは、自動車産業に新たな成長機会を与えています。一方で、距離を測定するための光学センサーなどの代替製品の可用性は、超音波センサー市場の成長における障害として機能する可能性があります。自動車メーカーは、世界中で自動車のスマートデバイスに対する大きな需要を観察しています。これにより、自動車メーカーは、すでに主要な自動車製造国の顧客のかなりの割合を集めている自動運転車の革新、設計、開発に継続的に注力しています。自動車および半導体産業は、技術の向上、原材料の価格交渉、そして最終的に自動車と堅牢な技術の統合に継続的に注力しています。高度なADASシステムの急速な採用は、超音波センサーにプラスの影響を与えています。ADASは重要な要素であるため、超音波センサーの助けを借りて人的エラーを相殺する新しい自動化トレンドです。この要因は、今後数年間で超音波センサーの成長を引き起こすと予想されます。

超音波センサー市場は、世界の5つの異なる地域(北米、ヨーロッパ、APAC、中東・アフリカ、および南米)の市場動向と収益創出要因から派生しています。ヨーロッパ地域が最も高い市場シェアを保持しているのに対し、APACは今後数年間で最も急速に成長する地域になると予測されています。欧州の産業部門では、産業分野における超音波センサーの成長を促進すると予想される新しい技術を迅速に採用してきました。また、この地域の政府は、新技術採用に向けた開発のイニシアチブを取っています。一方、APACの自動車部門は堅調であり、経済を支える上で重要な役割を果たしています。中国、日本、および韓国は、世界有数の自動車メーカーです。さらに、経済の発展した日本は、世界で最も自動化が進んでいる経済大国の1つです。

超音波センサー市場は、アプリケーション別に液面検出、生産ライン、距離測定などに区分されています。生産ラインは市場で大きなシェアを保持しており、予測期間中に最も急成長するエンドユーザーになると予想されています。工場フロアに超音波センサーを統合することにより、製造会社は正確な測定と制御を通じ効率の最大化が可能になります。このタイプでは、超音波センサー市場は、近接センサー、再帰反射センサー、スルービームセンサーなどに分割されています。シェアが最も高いスルービームセンサーが市場をリードしてきました。スルービームセンサーは、不透明なオブジェクト、小さなオブジェクト、オブジェクトの正確な位置、コンテナの内容などの検出時に使用されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]