太陽光発電の世界市場、2027年に7,681億米ドル規模へ到達見込み(The Insight Partners発行レポートより)

【予測期間中CAGR19.8%で拡大見込み:政府の支援政策が市場の成長を後押し】

The Insight Partnersによると、世界の太陽光発電市場は、2018年に1,539億9,000万米ドル規模に達し、2027年には7,681億米ドルに到達すると予想されています。予測期間中、同市場はCAGR19.8%で成長する見込みです。当レポートでは、市場の成長促進要因および市場の著名なプレーヤーに関する情報を提供しております。

世界の太陽光発電市場は、コンポーネント別に、セル、光学、トラッカーに区分されています。セルセグメントは、2018年に世界の太陽光発電市場を支配しました。セルは、太陽光エネルギーを取り込むために太陽光発電システムで広く使用されています。結晶シリコン太陽電池は、シリコンの半導体特性により広く使用されています。シリコンは、太陽光発電システムで使用される他の要素よりも優れていると考えられています。また、シリコンの低コストは、好調なシリコン市場の構築にも役立っています。これらの要因は、世界の太陽光発電市場におけるセルの需要を促進しています。

太陽光発電は、太陽光発電効果を示す半導体材料を組み込むことによる太陽光のエネルギー変換と定義されています。このシステムには、電力を生成するために使用されるソーラーパネル、太陽電池などが含まれます。これらの発電システムは、環境への影響が少ない低コストのエネルギーを生成するのに役立つ、再生可能で環境に優しい形態のリソースと見なされています。太陽光発電(PV)産業は、政府の政策と強く相関しています。太陽エネルギーの使用と太陽光発電製品の生産を促進および支援するために、いくつかの政府の政策が開始されました。このようなポリシーは国によって異なる場合があり、規制の不確実性の一因となる場合があります。太陽光発電産業の成長と発展を反映した生産と消費を促進するために、多くの政府の政策が策定されています。生産政策は、技術の移転、研究開発への資金提供、政府が提供する生産補助金、研究開発などに関連しています。設置需要を高めることを目的とした消費政策は、費用対効果の高いソーラー機器の生産を促進する可能性があります。

太陽光発電の主要企業は、三菱電機株式会社、パナソニック株式会社、株式会社カネカ、京セラ株式会社、シャープ株式会社、JA Solar Co. Ltd、Renesola Co. Ltd、Trina Solar、Jinko Solar、Shunfeng International Clean Energy Co. Ltdなどです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]