ディープラーニングチップの世界市場、2027年に213億1,000万米ドル規模へ到達見込み(The Insight Partners発行レポートより)

ディープラーニングチップの世界市場
ディープラーニングチップの世界市場

ディープラーニングチップの世界市場、2027年に213億1,000万米ドル規模へ到達見込み(The Insight Partners発行レポートより)

膨大な量のデータの可用性とクラウドベースの計算能力の膨大な拡張性により、ディープラーニングチップはここ数年で業界全体の大きなトレンドとなっています。今日のデジタル世界において、情報は、企業が成功を収め、持続可能な成長を維持するための鍵です。ディープラーニングチップは、デバイスの頭脳として機能する特殊なハードウェアチップです。ディープラーニングチップには多くのコンピューティングコアがあり、高帯域幅メモリが搭載されています。これらのチップはAIチップとしても知られ、CPU、GPU、ASICなどを含む多くのシステムに応用されています。

業界の特定の問題に対するアプリケーションベースのディープラーニングチップの需要の高まりに伴い、さまざまなスタートアップ企業や既存の企業は、迅速かつ効率的なディープラーニング処理をサポートする新しいハードウェアの革新に注力しています。ディープラーニングは、AIチップセットアーキテクチャが提供する一連のAIアプリケーションの一部であり、機械学習、およびトレーニングと推論の両方で特に自然言語処理を提供します。需要の増加とさまざまなAIワークロードに対処するために、ベンダーは現在、幅広いチップテクノロジーを製品に混在させています。インテリジェントロボットおよびモバイルアプリで使用できるさまざまなアプリケーション固有のSoCがあります。多数の新興企業が人工知能エコシステムに登場し、さまざまな大企業から素晴らしい資金を受けています。ASICおよびアプリケーション固有のカスタム/ハイブリッドディープラーニングチップは、ディープラーニングチップ市場の将来であり、したがって、ディープラーニングチップ市場の成長に影響を与えるトレンド要因になると予想されます。

ディープラーニングチップ市場は、世界の5つの異なる地域(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東・アフリカ、および南米)の市場動向と収益創出要因から派生しています。北米は最も高い市場シェアを保持していますが、APACは今後数年間で最も急速に成長する地域になると予測されています。北米では、すでに多数の新興企業が市場に参入しており、革新的なAIベースのソリューションとサービスを開発しています。さらに、スマートビジネスの意思決定と技術の近代化を実装するためのデジタル化とスマートテクノロジーソリューションのニーズの高まりは、北米のディープラーニングチップ市場の成長に大きく貢献しています。

ディープラーニングチップ市場で活動している主要なプレーヤーは、Advanced Micro Devices Inc.、Amazon Web Services Inc.、Bitmain Technologies Holding Company、Baidu、Inc.、Google、Inc.、Intel Corporation、NVIDIA Corporation、Qualcomm Technologies、 Inc.、Samsung Electronics Co. Ltd.、Xilinx Inc.などです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]