直交ロボットの世界市場、2027年に150億790万米ドル規模へ到達見込み(The Insight Partners発行レポートより)

【消費者家電における直交ロボットの使用が増加、世界市場はCAGR11.9%で拡大予測】

The Insight Partnersによると、世界の直交ロボット市場は、2018年に58億4,030万米ドル規模に達し、2027年には150億790万米ドルに到達すると予想されています。予測期間中、同市場はCAGR11.9%で成長する見込みです。当レポートは、市場の成長促進因子の他、主要プレーヤーに関する情報を提供しています。

直交ロボット市場では、激しい競争が展開しています。同市場の大手企業は、現在の製品ポートフォリオを拡大し、顧客基盤を多様化し、新しいアプリケーションと市場を開発することにより、対象市場の拡大を図っています。主要プレーヤーは、地域のプレーヤーと同様に、ますます激化する世界の一流グローバル企業の競争にも直面しています。ABB、KUKA AG、エプソン、ファナック、およびヤマハ発動機などの企業は、次世代ロボット技術に積極的に投資を行っています。

電気・電子産業の特徴に、脆弱性が挙げられます。それゆえ、製造プロセス中に最高レベルの精度が求められます。消費者向け電子機器の熾烈な競争により、製造業者はエラーが少なく損失が最小限の最高品質の機器を生産するようになりました。不安定な家電市場と変化する消費者需要は、家電メーカーにエラーを起こす余地を与えません。そのため、家電メーカーは、製造プロセスに統合される高精度の機器とプロセスを模索しています。さらに、スマートフォン、ラップトップ、タブレット、スマートウォッチ、および消費者向け電子製品に対する需要の高まりにより、製造業は生産能力の向上に興味を持つようになりました。ムーアの法則によれば、集積回路(IC)のサイズは2年ごとに縮小しているため、直交ロボットを使用したナノ構造の作業を促進しています。回路基板の作成、部品の射出成形への挿入、最終アセンブリアプリケーション、CNCプロセス、および金属スタンピングは、電子機器メーカーによって自動化される可能性が高いプロセスの1つです。効果的な自動化のために、これらのプロセスには、ロボットシステムによる優れた柔軟性、速度、精度が必要です。しかしながら、ROIは依然として電子産業の市場成長の妨げになっています。直交ロボット価格の低下により、市場は今後数年で成長のペースを上げると予想されています。

世界の直交ロボット市場は一流企業に集中しています。代表的なプレーヤーは、ABB Ltd.、Aerotech Inc.、Akribis Systems、Bosch Rexroth AG、株式会社デンソーウェーブ、Epson America Inc.、Gudel Group AG、KUKA AG、MKS Instruments Inc.、駿河精機株式会社、ヤマハ発動機株式会社などです。他のプレーヤーも世界市場で機能しており、前年比で大きな収益シェアを占めています。

世界の直交ロボット市場
世界の直交ロボット市場
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]