車載用インフォテインメントSoCの世界市場、2027年に160億8,000万米ドル規模へ到達見込み(The Insight Partners発行レポートより)

The Insight Partnersによると、世界のインフォテインメントSoC市場は、2018年に86億9,000万米ドル規模に達し、2027年には160億8,000万米ドルに到達すると予想されています。予測期間中、同市場はCAGR7.2%で成長する見込みです。

車載インフォテインメントSoCは、乗用車および商用車の情報、電話、およびエンターテイメントサービス用に設計された統合チップであり、アナログ、デジタル、混合信号、および無線周波数機能を含む完全な電子基板システムです。車載インフォテインメントSoCは、マルチチップ設計よりも少ないスペースと面積で済みます。SoCは、組み込みシステムおよび自動車コンピューティングのIoTで広く使用されています。当市場の大手企業は、現在の製品ポートフォリオの拡大、顧客ベースの多様化、新しいアプリケーションと市場の開発により、対処可能な市場を拡大し続けており、業界内の競争が激化しています。新たな開発とM&Aは、過去数年間に見られた2つの注目すべき市場動向です。バリューチェーン企業は、市場での地位を維持し、顧客に効率的なソリューションを提供するために、市場の他のプレーヤーとのパートナーシップを獲得および締結しています。自動車インフォテインメントSoC市場の主要なマーケットプレーヤーは、米国およびドイツなどの他のヨーロッパ諸国に拠点を置いています。

車載インフォテインメントSoCは、インダッシュとリアシートの2つの設置タイプに分類されます。ダッシュボードは、車内の車両のドライバーの直前に配置されるコントロールパネルとして定義され、車両操作中の計装と監視の表示に不可欠な役割を果たします。優れたダッシュボード設計により、インターネットを介してワイヤレスで更新された情報を送受信することにより、安全で優れたエクスペリエンスを実現できます。運転体験を向上させるためにダッシュボードにおけるシステムオンチップの使用は、現在のシナリオでその範囲を広げています。車内のダッシュボードは、オーディオ全体を統合することでインフォテインメントシステムの使用をサポートし、Bluetoothソフトウェアとナビゲーションソフトウェアおよび接続性を組み合わせて、運転体験を向上させています。インダッシュオートモーティブインフォテインメントを使用すると、機能が改善され、応答が速くなり、全体的な使いやすさが向上し、見た目の美しさが増します。

車載用インフォテインメントSoC市場の主要企業は、Infineon Technologies AG、Intel Corporation、日本電気株式会社、NVIDIA Corporation、NXP Semiconductors N.V.、Qualcomm Incorporated、Renesas Electronics Corporation、STMicroelectronics N.V.、Texas Instruments Incorporated、Semiconductor Components Industries, LLC (ON Semiconductor)などです。

インフォテインメントSoC地域別市場
インフォテインメントSoC地域別市場
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]