3Dセンサーの世界市場、2027年に719億1,420万米ドル規模へ到達見込み(The Insight Partners発行レポートより)

【家電業界における3Dセンサーの使用増加が市場の拡大を後押し】

The Insight Partnersによると、世界の3Dセンサー市場は、2018年に48億570万米ドル規模に達し、2027年には719億1,420万米ドルに到達すると予想されています。予測期間中、同市場はCAGR32.5%で成長する見込みです。当レポートでは、市場の成長促進要因および市場の著名なプレーヤーに関する情報を提供しております。

エンドユーザーの垂直産業セグメントでは、迅速な技術の進歩により、多数の新規アプリケーションが市場に登場しています。現在、これらの技術は3Dセンサーが使用可能な自動車、防衛、医療、航空宇宙、ロボット工学、電子消耗品、半導体、小売など、さまざまな業界に大きな市場機会をもたらしています。 各企業は、パートナーシップを構築し、より多くの3Dアプリケーションを提供するための共同作業を強化しています。

ヘルスケアでは、軟組織構造を再構築するためにステレオ3Dイメージングが使用されています。 臨床用途の3Dバイオセンサーは、心血管疾患、癌、および糖尿病の診断と監視に役立ちます。 3Dテクノロジーの主要な技術的進歩の1つは、飛行時間(TOF)テクノロジーです。これらのセンサーは、防衛エコロジー全体にソリューションを提供するため、現在の市場技術の最も重要かつ不可欠なコンポーネントの1つです。 ソリューションには、複雑な制御、測定、監視、および実行が含まれます。技術の進化に関して、自動車市場は常にその中心にありました。これらのセンサーは、自動運転車の安全性の革新、新しい貨物管理効率、および安全性の向上をもたらします。3DのTOFテクノロジーはセンサーに使用されています。このセンサーは、技術面で大きなブレークスルーとなっています。ディープセンシングテクノロジーにより、カメラが顔や物体を認識する能力を高めています。

世界の3Dセンサー市場は、非常に定評のある一部のプレーヤーに集中しています。主要企業は、Infineon Technologies AG、Basler AG、Omnivision Technologies Inc.、Ams AG、Cognex Corporation、LMI Technologies INC.、Stmicroelectronics N.V.、IFM Electronic gmbh、ソニー株式会社、Melexisなどです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]