硬質フォームの世界市場、2027年に1,315億5,890万米ドル規模へ拡大予測(The Insight Partners発行レポートより)

【CAGR6.7%で成長見込み:建設業での需要増が硬質フォーム市場の成長を後押し】

The Insight Partnersによると、世界の硬質フォーム市場は、2018年に737億8,670万米ドル規模に達し、2027年には1,315億5,890万米ドルに到達すると予想されています。予測期間中、同市場はCAGR6.7%で成長する見込みです。当レポートでは、世界の硬質フォーム市場の成長促進要因や主要プレーヤーに関する情報を提供しています。

硬質フォームは、建築および建設、家電、包装、自動車など、さまざまな最終用途業界で広く使用されています。建築および建設部門は、2018年に市場を席巻し、今後数年間は市場を支配すると推定されています。多くの国でエネルギーコストが急速に上昇しているため、住宅建設業者は硬質フォームなどの熱効率の高い断熱材を使用するようになりました。硬質フォームは、家の内部と外部環境との間の熱伝達を低減するために使用され、建築および建設部門における硬質フォームの適用が急速に広まっています。エコ硬質フォームの開発により、硬質フォーム市場は今後数年間、さらに高い成長率で成長することが見込まれています。

硬質フォームシースは断熱材として使用され、室内の温度を制御し、建物のエネルギー消費を削減します。発泡ポリスチレン(EPS)、押出ポリスチレン(XPS)、およびポリイソシアヌレートから作られた硬質フォームは、断熱特性が高く評価されており、耐久性と水分制御をもたらします。硬質フォームは、熱の逃げ道を減らすために、外壁と内壁、床下、屋根に使用されます。エネルギー効率の高い建物の重要性の高まりは、建設部門で硬質フォームなどの断熱材の需要を促進する可能性があります。

世界の硬質フォームの主要企業は、Saint-Gobain、Dow Chemical Corporation、BASF SE、Borealis AG、積水化学工業株式会社、Covestro AG、Armacell International S.A.、Huntsman International LLC、JSP、Zotefoams Plc などです。

硬質フォーム地域別市場
硬質フォーム地域別市場
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]