セラミック接着剤の世界市場、2027年に99億3180万米ドル規模へ拡大予測(The Insight Partners発行レポートより)

【高性能でコスト効率のよいエコフレンドリー建材への需要増がセラミック接着剤市場の成長を後押し】

The Insight Partnersによると、世界のセラミック接着剤市場は、2018年に63億4400万米ドル規模に達し、2027年には99億3180万米ドルに到達すると予想されています。予測期間中、同市場はCAGR5.2%で成長する見込みです。当レポートでは、世界のセラミック接着剤市場の成長促進要因や主要プレーヤーに関する情報を提供しています。

世界のセラミック接着剤市場は、タイプ別に、セメントベース、エポキシ、アクリルなどに分類されています。このうち、2018年のセラミック接着剤市場を席巻していたのはセメントベースでした。今後、予測期間中により速いペースで成長すると予想されているのは、エポキシセグメントです。エポキシベースのセラミック接着剤は、DIY用途で優れた接着強度と汎用性を提供します。また、エポキシベースのセラミック接着剤は、化学的および物理的影響に対して優れた耐性を示し、長期安定性を備えているため、予測期間中に市場を牽引すると予想されます。

セラミック接着剤は、強力な機械的強度と接着性、耐摩耗性、高温安定性、優れた耐久性と耐水性、便利な操作性などの優れた機能を備えており、タイル張りや床張り用途での使用に最適です。セラミック材料への接着には、二酸化ジルコニウム、窒化ケイ素、酸化アルミニウム、炭化タングステン、炭化ホウ素、およびその他の進歩的な工業用セラミックを含むさまざまな工学的配合があります。セラミック材料の多様性は、信頼性、高性能、長寿命、および耐久性を提供し、製造業者がセラミック表面に接着するための接着剤のニーズを満たすことを可能にします。摩耗、高湿度、疲労、ストレス、化学的攻撃、冷却、加熱などの悪条件の影響を受けないため、セラミック接着剤市場を牽引する要因となっています。

世界のセラミック接着剤の主要企業は、3M、Henkel、H.B Fuller、Ardex Group、BASF SE、Bostik、Kerakoll、Mapei Spa.、Sika AG、Norcros Plc.、Saint-Gobainなどです。

世界のセラミック接着剤市場地域別
世界のセラミック接着剤市場地域別
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]