神経インターベンション装置、2027年に45億2434万米ドル規模に到達見込み(The Insight Partners発行レポートより)

【神経血栓切除術セグメントが急成長見込み】

The Insight Partnersによると、世界の神経インターベンション装置市場は、2018年に23億2302万米ドル規模に達し、2027年には45億2434万米ドルに拡大すると予想されています。予測期間中、同市場はCAGR8.0%で成長する見込みです。当レポートでは、世界の神経インターベンション装置市場の動向や市場の成長促進要因および阻害要因に関する情報を提供しています。

神経インターベンション装置市場地域別シェア
神経インターベンション装置市場地域別シェア

世界の神経インターベンション装置市場は、技術別に神経血栓切除術、ステント留置、コイル塞栓術、脳血管造影、および血流遮断に分類されます。2018年、技術別では神経血栓切除術が同市場最大のシェアを占めました。神経血栓切除術の技術開発と医療従事者からの高い支持は、当セグメントの成長を促進する主な要因です。神経血栓切除術採用の増加が神経インターベンション装置市場全体の主な成長要因となっています。

市場の成長を後押しする主な要因は、低侵襲手術の需要の増加であり、脳動脈瘤の有病率の上昇が市場を牽引すると予想されています。一方で、神経インターベンション装置の高コストが市場の成長を抑制しています。

神経インターベンション装置市場の主要プレーヤーは、Medtronic、Stryker Corporation、iVascular S.L.U.、テルモ株式会社、Microport Scientific Corporation、Merit Medical Systems、Penumbra, Inc.、Rapid Medical、Microport Scientific Corporation、InspireMD、Inc.などです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]