自動車用エアロパーツ:世界市場は2027年に131億6,000万米ドル規模に到達見込み

自動車用エアロパーツ(空力部品)の世界市場は、2018年に83億3,000万米ドル規模に達し、2027年には131億6,000万米ドルに到達すると予想されています。当レポートでは、世界の自動車用エアロパーツ市場の成長促進要因の他、市場の主要なプレーヤーならびにその開発状況について焦点を当てています。

世界の自動車用エアロパーツ市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカ、南米を含む5つの主要地域に分割されています。アジア太平洋地域は乗用車のエアロパーツ市場で主要な市場シェア占めています。 アジア太平洋地域は、成長著しい中国やインド、そして日本をはじめとする先進国において大きな成長の可能性を秘めています。今年、この地域は世界の成長の3分の2にあたる5%から6%程度で推移すると予想されています。アジア諸国における強固で強力な製造業の発展は、この地域の自動車製造業の見通しを引き上げました。当地域には、乗用車のエアロパーツ市場の成長を促進しているさまざまな肯定的要因があります。

同市場は、メカニズム、車両タイプ、アプリケーション、および地理に基づいてセグメント化されています。メカニズム別セグメントは、アクティブシステムとパッシブシステムに細分化されます。パッシブシステムセグメントは、自動車用エアロパーツ市場で主要な市場シェアを占めると予測されています。車両タイプ別セグメントは、電気自動車とICE車両に区分されています。 ICE車両セグメントは、自動車用エアロパーツ市場を牽引しており、予測期間中も引き続き優位を占める見込みです。アプリケーション別セグメントは、さらにエアダム、ディフューザー、ギャップフェアリング、グリルシャッター、サイドスカート、スポイラー、フロントスプリッターに細分化されています。スポイラーセグメントは2018年に自動車用エアロパーツ市場をリードし、予測期間中も引き続き優位を占めると予測されています。

自動車用エアロパーツの主要企業には、Plasman Group、Valeo、Magna International Inc.、HBPO GmbH、Rochling Group、INOAC Corporation、Polytec Holding AG、REHAU Ltd.、SMP Deutschland GmbH、SRG Globalなどがあります。

【 商品情報 】
自動車用エアロパーツ(空力部品)の世界市場:メカニズム、自動車タイプ、用途別の市場分析と予測(~2027年)
Passenger Car Aerodynamic Components Market to 2027 – Global Analysis and Forecasts by Mechanism ; by Vehicle Type, by and Application
● 発行: The Insight Partners (ザ・インサイトパートナーズ)
● 出版日: 2019年11月29日
● ページ情報: 英文 161 Pages

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]