世界のハイスピードカメラ市場:2027年に5億5,036万米ドル規模に達する見込み

世界のハイスピードカメラ市場は、2018年に3億256万米ドル規模に到達し、2019年から2027年の間に7.26%のCAGRで成長する見通しです。2027年には5億5,036万米ドル規模に達すると予測されています。

ハイスピードカメラは、スローモーションビデオの撮影に使用されています。カメラのバーストモードで撮影された何千もの画像をまとめ、スムーズな動画に編集されます。事象をスローモーションで分析し、肉眼ではわからない影響を切り出すことを目的に使用されています。ハイスピードセンサー技術の進歩により、ハイスピードカメラの作成が可能になりました。より実質的な解像度により、ノイズの少ない鮮明な画像の実現が可能になり、これまでユーザーが見ることのできなかった部分も捉えられるようになりました。ハイスピードカメラを使用すると、肉眼で見るには速すぎる事象でも把握でき、分析が可能です。1989年以来、顧客の要求に応えるため、ハイスピードカメラにとっていくつかの重要なアプリケーションとともに、ハイスピードデジタルイメージングテクノロジーの開発が行われてきました。

米国政府は、国内の製造部門を支援するためさまざまなイニシアチブを取ってきました。Manufacturing USA、Advanced Manufacturing Technology Consortia、MForesight、Hollings Manufacturing Extension Partnership、Investing in Manufacturing Communities Partnership、Materials Genome Initiative、National Export Initiative、Sustainable Manufacturing Clearinghouseなどのプログラムがそれにあたります。これらのイニシアチブは、その地域にある製造会社にさまざまな利点をもたらします。カナダ政府は、自動車製造業への投資を促進および誘致するため、自動車イノベーション基金プログラム、雇用と繁栄基金、自動車サプライヤーイノベーションプログラム、ビジネスの成長と生産性への投資などさまざまな手段を講じてきました。また、EUと自由貿易協定を結んでおり、自動車部品メーカーを誘致しているため、地域の自動車部品メーカー業界の成長をより一層加速させるでしょう。イノベーションとテクノロジーの進歩は、米国経済の要です。主要なシステムまたはコンポーネントメーカーやサプライヤーに大きな機会をもたらします。さらに、テクノロジーとともに商用車にアドオンされるセンサーの統合は、北米においてハイスピードカメラを押し上げる主要な要因となっています。

ハイスピードカメラの主要企業には、AOS Technologies AG、Fastec Imaging、Integrated Design Tools、Mikrotron GmbH、NAC Image Technology、NEC Corporation、Opttronics GmbH、PCO AG、Photron、Vision Researchなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]