臨床意思決定支援システム:世界市場は2027年に59億8,338万米ドル規模に到達見込み

臨床意思決定支援システムの世界市場は、2018年に27億7,260万米ドルの規模に達し、2019年から2027年の予測期間中に9.2%のCAGRで成長し、2027年には59億8,338万米ドルに達すると予想されています。当レポートでは、世界の臨床意思決定支援システム市場の動向、そして同市場の成長阻害因子に焦点を当てています。

世界の臨床意思決定支援システム市場は、コンポーネント、配信モード、アプリケーション、エンドユーザーに基づいてセグメント化されています。コンポーネント別では、ソフトウェア、サービス、およびハードウェアに分類されます。配信モード別では、オンプレミス、クラウドベース、およびウェブベースに分けられ、アプリケーション別では、薬物間相互作用、薬物アレルギー警告、臨床リマインダー、臨床ガイドラインなどに分類されます。また、エンドユーザー別では、病院、外来診療センター、診断ラボに分類されています。

臨床意思決定支援システム市場は、低コストで質の高いサービスを提供するための医療機関への圧力の高まり、慢性疾患の有病率の上昇、ビッグデータおよびヘルスITツール採用の増加、政府が主導する様々な取り組み、ヘルスケアIT分野の発展、および病院数の増加などにより著しい成長を遂げる見込みです。しかしながら、市場の成長は、データのプライバシーに関する懸念などの要因により抑制されています。

臨床意思決定支援システム市場で事業を展開する主要企業には、Cerner Corporation、Medical Information Technology, Inc.、BD、Wolters Kluwer N.V.、Baxter International, Inc.、Premier、Koniklijke Philips NV、RELX(Elseiver)、PeraHealth、およびEpic Systems Corporationが含まれます。市場はさまざまな有機的および無機的成長戦略を実施しており、各企業も市場での製品提供と地位強化を支援する有機的戦略を活用しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]