世界の航空輸送向けUSM(中古使用可能資材)市場、2027年までに83億790万米ドルに

航空輸送に対する需要は高まっています。これを背景に航空各社と空軍では最新技術の導入、堅牢なコンポーネントの統合を継続しています。既存の民間航空機の改修は、現在、航空業界で普及している大きなトレンドです。この傾向は予測期間を通じてさらに強まり、航空機部品サプライヤーとメンテナンス、修理、オーバーホール(MRO)企業にとって大きな機会につながると予想されます。改修対象となる航空機の部品としては、エンジン、着陸装置、レーダー、アンテナなどが挙げられます。航空機メーカーの間ではUSM(中古使用可能資材)に対する関心が高まっています。いくつかの主要な航空機部品のスペアをより低いコストできちんと確保することができるからです。USM(中古使用可能資材)は、市場で入手可能な低コストの代替品でもあります。さらに、航空業界のさまざまな関係企業が航空輸送USMスペースに参入しています。航空機のOEM、部品サプライヤー、MROはすべて、USM(中古使用可能資材)を通じて成長しようとしています。

航空機MROビジネスセグメントの競争は日々激化しており、従来の保守、修理、およびオーバーホールビジネスへの脅威となりつつあります。先進技術を使用する企業の増加、航空機の保有台数の増加、およびMROサービスの価格の引き下げなどが航空機MRO事業セグメントの混乱に拍車をかけています。エンジンと機体は、航空機のMROビジネスセグメントを推進する2つの重要なコンポーネントです。機体コンポーネントおよびエンジンコンポーネントの修理および交換に対する需要の高まりにより、MROサービスプロバイダーの間でUSM(中古使用可能資材)の利用が増加しています。

航空機の引退率は長年にわたって下がり続けており、今後数年間、同様の傾向が続くと予想されています。航空機ユーザー、航空機メーカー、およびMROサービスプロバイダーは、旅客機のいくつかの部品において、修理や交換ではなくUSM(中古使用可能資材)の調達に重点を置くようになっています。USM(中古使用可能資材)は、費用対効果の高い方法です。故障したコンポーネントは、分解された航空機またはエンジンの再生部品と迅速に交換することができます。 MROプロバイダー、コンポーネントプロバイダー、および航空機メーカーによるUSM(中古使用可能資材)の利用がエンドユーザー市場を刺激し、その結果、航空輸送使用の修理可能な材料市場が成長しました。

製品タイプ、航空機タイプ、プロバイダー、地域などのさまざまなパラメーターに基づいて、USM(中古使用可能資材)市場が分析されます。製品タイプセグメントには、エンジン、コンポーネント、機体が含まれます。航空機タイプセグメントは、ナローボディ航空機、ワイドボディ航空機、ビジネスジェット、リージョナルジェットに分類されます。プロバイダーのセグメントは、OEMと非OEMに分かれています。地理的には、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカ、南アメリカの5つの地域別に分析がなされます。さらに、これらの地域はさまざまな国で分割され、きめ細かい具体的な市場動向を提供しています。

航空輸送向けUSM(中古使用可能資材)市場 地域別の割合(2018年)

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]