生分解性プラスチックの市場規模、2028年に208億4029万米ドル到達予測

生分解性プラスチックの市場規模は、2022年の73億3111万米ドルからCAGR19.0%で成長し、2028年には208億4029万米ドルに達すると予測されています。

生分解性プラスチックは、生物学および物理的に、環境中で自然にバイオマス、二酸化炭素、水に分解します。これは、主に、環境に存在する微生物によって、生分解性プラスチックの構造を分解するものです。生分解性プラスチックは、微生物、再生可能な原材料、石油化学製品を使用して製造されており、環境に優しく毒性もなく、コーン油、オレンジの皮、デンプン、植物などの天然植物材料を使用して生産されています。

生分解性プラスチック市場は、タイプ別に、PLA、PHA、デンプンブレンド、PBS、PBAT、その他に分類され、デンプンブレンドセグメントが最大シェアを占めると予想されています。デンプンブレンドポリマーは、酵素や微生物が分解できるセルロース系バイオマテリアルで構成された生分解性高分子材料です。デンプンとポリオレフィンを組み合わせることで、デンプンの生分解特性とポリオレフィンの熱的、機械的、およびバリア特性を備えた単一材料が得られます。デンプンとしては、米デンプン、サゴデンプン、タピオカデンプンなどがあり、ポリプロピレンやポリオレフィンも使用されます。セルロースは、多くの微生物に利用され、繊維の用途で需要が高まっているため、他のポリマーに比べて注目されています。でんぷんは、トウモロコシ、米、ジャガイモなどの植物に含まれる天然由来の高分子で、水に溶けず粒状です。従来のフィルム形成用樹脂の入手が困難なため、でんぷんはフィルム製造の原料として注目されています。デンプンフィルムは、透過性が低いため、食品包装への応用が期待されています。デンプンブレンドは、粒状では合成ポリマーブレンドの成分として、またポリオレフィンの充填剤として使用されています。でんぷんは、メチルアクリレートなどのビニルモノマーとのグラフト化を用いて修飾することができます。

2022年、欧州は生分解性プラスチック市場で最大シェアを占めました。環境に優しい生分解性プラスチックの採用が増加し、同地域の市場を牽引しています。生分解性プラスチックは、従来の合成プラスチックと比較して、二酸化炭素の排出量を30~70%削減できる可能性があります。一方、毒性がなく、分解が早いため、環境に悪影響を与えることもありません。食品と一緒に分解できるため、消費者は合成樹脂製パッケージよりもバイオプラスチック製パッケージを好みます。高い生分解性、毒性ゼロ、環境に優しい、従来のプラスチックの代替品といった利点が生分解性プラスチックの使用を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]