IoTの市場規模、2028年に2兆2704億2000万米ドル到達予測

IoTの市場規模は、2022年の4832億8000万米ドルからCAGR29.4%で成長し、2028年には2兆2704億2000万米ドルに達すると予測されています。

製造業、自動車、ヘルスケアなどの最終用途産業で、IoT技術の採用が進んでいることが市場を牽引しています。従来の製造業がデジタル変革を遂げる中、IoTはインテリジェントコネクティビティの次の産業革命を後押ししています。さらに、ショッピングのしやすさやスマートフォンの普及により、Eコマースプラットフォームが急速に拡大しており、これが市場成長を促進するものと考えられます。また、データ分析と分析の統合に対するニーズの高まりと、5Gネットワークの進歩的な開発は、IoT市場に有利な成長機会を生み出すと予想されます。一方、IoTに接続されたデバイスの増加に伴い、エンドポイントにおけるセキュリティ問題も進化しています。エンドポイントは、ハッカーの潜在的なターゲットポイントであるため、データセキュリティへの懸念の高まりは、IoT市場の成長を阻害する大きな要因となっています。

2021年のIoT市場は、ドイツが支配的でした。消費財・小売、製造・エンジニアリング、BFSIなど、さまざまなエンドユーザー産業で生成される膨大なデータを管理・分析するためのビッグデータ分析ソリューションの採用が拡大していることが、ドイツのIoT市場を牽引しています。さらに、家庭や職場をよりスマートで効率的なものにすることで、IoTは重要な役割を担っています。同国は10年近く前からインダストリー4.0シフトの真っ只中にあり、複数のセクターでデジタル化を促進し続けています。しかし、IoTによって家庭や職場がよりスマートになる一方で、サイバー攻撃に対して脆弱な接続機器が増えるため、セキュリティ上の課題も増え続けています。ドイツには、IoTのセキュリティ向上に取り組むスタートアップがいくつかあります。例えば、Bitahoyは、スマートホーム所有者がIoTデバイスを安全に保ち、データ漏えいのないようにすることに注力しています。また、Comunyは、モバイルアプリによる効果的な登録とログインを提供することで、職場のIoTセキュリティを向上させています。これらの要因が、同国におけるIoTソリューションの需要を高めています。

米国では、政府インフラの一部として、あるいはスマート製造やスマートシティプロジェクトを推進するために、IoTソリューションの導入が進んでいます。製造業、運輸業、BFSIなどの業界における産業用モノのインターネット(IIoT)への注目の高まりと相まって、ウェアラブルデバイスの需要が増加しており、IoTソリューションの導入が加速しています。このように、インターネット普及率の上昇、高度なネットワーク技術やスマートフォンの採用拡大が、同国のIoT市場を牽引する大きな要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]