マインドフルネス瞑想アプリ市場、2022年~2028年までCAGR30.5%で成長予測

マインドフルネス瞑想アプリ市場は、2022年から2028年までCAGR30.5%で成長すると予測されています。市場は2028年に26億3,340万米ドル規模に到達する見込みです。

マインドフルネス瞑想は、心を静め、ネガティブな思考を手放す精神的な実践方法です。マインドフルネス瞑想のアプリは、スマートフォンやタブレットにインストールして実行することができます。これらのアプリは、ユーザーに呼吸法、筋肉や身体の弛緩、心的イメージを教え、ストレス、慢性疼痛、血圧、精神疾患の軽減に役立ちます。

マインドフルネス瞑想アプリケーション市場では、アジア太平洋地域(APAC)が2021年に23.0%のシェアを占め、主要地域の一つとなっています。中国、インド、日本などの国々が市場シェアの大部分を占めており、今後数年間で増加することが予想されます。若年層における意識の高まり、技術の進歩、瞑想アプリを提供する新進企業の増加などが、アジア太平洋地域におけるマインドフルネス瞑想アプリ市場の成長に寄与している主な要因となっています。

日々の活動が非常に厳しくストレスフルであることから、個人は瞑想に関する認識を求めるようになります。大手テクノロジー企業は、ユーザーの間でマインドフルネスを復活させ、再構築することを約束する高度な瞑想アプリを導入することで、この機会に注目しています。

ESCAP統計年鑑によると、世界の若者の60%がアジア太平洋地域に住んでおり、教育や職場でストレスや不安な雰囲気にさらされる傾向が強いと言われています。したがって、そのような状況は、アジア太平洋地域全体で瞑想アプリの使用率を高めています。大手企業による瞑想アプリの進歩が進んでいることが、マインドフルネス瞑想アプリ市場を牽引しています。インドの変化する感情的・精神的な幸福のニーズに応えるために2021年に刷新を行った後、瞑想とマインドフルネスの大手アプリであるThinkRight.meは、子供向けの専用セクションを立ち上げて提供を強化する準備が整っています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]