脳神経外科手術用ロボットの市場、2021年~2028年までCAGR16.1%で成長予測

脳神経外科手術用ロボット市場は、2021年から2028年までCAGR16.1%で成長すると予測されています。市場は2028年に47億2,986万米ドル規模に到達する見込みです。

ロボットは、人間や動物に似た自動機械装置です。現代のロボットは通常、コンピュータープログラムまたは電子回路によって誘導される電気機械式の機械です。ロボットには自律型と半自律型があり、ホンダのAdvanced Step in Innovative Mobility(ASIMO)やTOSYのTOSY Ping Pong Playing Robot(TOPIO)などのヒューマノイドから産業用ロボット、集団でプログラムされた群ロボット、さらには微細なナノロボットに至るまで様々なものがあります。

ここ20年ほどの間に、脳神経外科手術の補助をするロボットが増えてきました。近年、脳神経外科手術ロボットが開発され、様々な手技を行うことができるようになりました。国民の要求は脳神経外科の方向性を知らせ、脳神経外科医に脳神経外科手術ロボットを使用するように大きな圧力をかけています。ロボットの多様化と高度化は、発生しうる外科的合併症や将来的なロボットの役割から、倫理的な精査を受けています。

市場インサイト

脳神経外科手術の件数の増加

てんかん、パーキンソン病、頭部外傷、脳腫瘍、脳卒中、水頭症などの神経疾患の有病率の高まりは、脳神経外科手術の必要性を高めています。また、小児神経外科、機能神経外科、神経血管外科、外傷学、頭蓋底外科、脊椎外科など、神経外科のいくつかの下位専門分野は、外科の中でも最も技術や技能の高い分野の一つです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]