エッジコンピューティング市場、2022年~2028年までCAGR21.6%で成長予測

エッジコンピューティング市場は、2022年から2028年までCAGR21.6%で成長すると予測されています。市場は2028年に1億3211万米ドル規模に到達する見込みです。

データの大幅な増加に伴い、業界の組織は、集中型のクラウドコンピューティングとストレージソリューションに依存しています。エッジコンピューティングは、業界や企業の業務効率の向上、パフォーマンスの改善、コアビジネスプロセスの自動化を支援します。5Gの普及と高性能なスマートフォンアプリへの嗜好の高まりは、引き続きエッジコンピューティング市場の成長を支えています。2022年4月、カーサシステムズはベライゾンから複数年契約を獲得し、同社の5Gコアネットワーク機能を提供して、ベライゾンのパブリックモバイルエッジコンピューティングサービス提供を可能にすることに貢献しています。ベライゾンは、Casaの普通株式に4,000万米ドルを出資する予定です。

北米のエッジコンピューティング市場の成長の背景には、IoTの導入が進んでいること、データニーズの高まりに対応する必要があること、クラウドインフラへの負荷が高まっていることなどがあります。5G接続は、デジタル体験の向上、パフォーマンスの改善、データセキュリティのサポート、あらゆる産業での継続的な運用を可能にします。5Gは、企業におけるエッジコンピューティングに大きな道を開き、オンサイト(またはデバイス上)で大量のデータをリアルタイムに分析することを可能にします。完全自律走行車の開発を促進する北米諸国の取り組みが、エッジコンピューティングソリューションの需要を後押ししています。

2022年3月、米国道路交通安全局(NHTSA)は、ハンドルやペダルなどの手動制御装置を含まない無人運転車の生産と配備に関する最終規則を発表しました。規制による支援の拡大と自律走行車メーカーによる大規模な研究開発活動が、今後数年間における自律走行車の普及と採用を後押しし、安全性と効率の向上、事故の削減、交通渋滞シナリオの管理を目的とした北米のエッジコンピューティングのニーズを高めると予想されます。

エッジコンピューティング市場は、コンポーネント、アプリケーション、企業規模、産業、地域というセグメントに基づいて分析されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]