ヘアケア家電の市場、2022年~2028年までCAGR5.1%で成長予測

ヘアケア家電の市場は、2022年から2028年までCAGR5.1%で成長すると予測されています。市場は2028年に195億1,286万米ドル規模に到達する見込みです。

セルフグルーミングや身だしなみを重視する傾向が強まったことで、ヘアケア家電の需要が高まっています。家電は、髪へのダメージを軽減し、特定の方法で髪をスタイリングするのに役立ちます。

2021年には、アジア太平洋地域が世界のヘアケア家電市場を支配しました。髪の健康に対する意識の高まり、消費者に対するソーシャルメディアの影響力の増大、手頃な価格で入手可能なヘアケア家電の増加などが、主に市場の成長を後押ししています。さらに、アジア太平洋地域のヘアケア家電メーカーは、革新的なヘアケア家電を開発しています。

2020年7月、Koninklijke Philips N.V., Philips Indiaは、SenseIQというブランドで縮毛矯正器やドライヤーなどのハイテクヘアケア器具を発売しました。この製品は、アクティブセンサーを使用して、スタイリング中に髪の温度を測定します。メーカーは、自社製品の消費者認知度を高めるためにマーケティング活動への支出を増やすことを計画しており、市場に成長機会をもたらすと思われます。

製品イノベーションが有利な成長機会をもたらす

ヘアケア家電のメーカーは、消費者の要求の変化に対応できる革新的な製品を発売するために、新製品開発に大きく投資しています。消費者は、加熱ツールによって引き起こされる髪の損傷に強い懸念を抱いています。そのため、メーカーは長時間使用しても髪へのダメージが少ない温度制御技術を搭載した製品を開発しています。

2020年1月には、FOLLICLE, LLCが、温度とファンスピードを制御する特許技術「SmartDry AI Tech」を搭載したコードレス・充電式・スマートヘアドライヤーを発売しています。同様に、2021年9月には、ホームケア・美容家電のグローバルメーカーであるSharkNinja Holding LLCが、高速加熱空気とイオン化空気を組み合わせ、熱ダメージを最小限に抑えながら高速乾燥を実現する「HyperAIR IQテクノロジー」を搭載したShark HyperAIRヘアードライヤーを発売しています。このように、メーカーによる革新的なヘアケア家電の開発が進んでいることから、予測期間中に市場の成長機会がもたらされると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]