冷間成形および冷間圧造の市場、2022年~2028年までCAGR5.8%で成長予測

冷間成形および冷間圧造市場は、2022年から2028年までCAGR5.8%で成長すると予測されています。市場は2028年に273億3,239万米ドル規模に到達する見込みです。

常温で金属を鍛造する工程は、冷間成形と呼ばれます。金属線は、冷間圧造機で複数のダイプログレッションを形成するために小さなセグメントに切断されます。この工程の各段階で、自動車、産業機器、医療機器など、製造される製品の設計に特定の幾何学的特徴が付与され、製造可能性と長期的な生産ライフサイクルを提供します。冷間成形は加工屑が出ないため、従来の金属加工よりも好まれている大きな理由の一つです。

冷間成形と冷間圧造のソリューションは、民間および軍用機の製造に適用されています。航空機の機体構造の構築に役立っています。世界的な航空旅客輸送量の増加により、先進国および発展途上国の主要航空会社が運航する航空機の需要が高まっています。また、防衛産業による軍用機の需要の高まりも、航空機の製造を後押ししています。2022年7月、Voyager Aviation Holdings, LLC(VAH)は、優良な航空機リース会社と共同で、新型機および生産中の航空機7機について3億米ドルの購入契約を締結したと発表しました。同様に、2021年11月、インディゴパートナーポートフォリオは、255機のA321neoを追加調達することを発表しました。2021年9月には、インド政府がエアバスC-295軍用機56機(25億米ドル相当)の調達しました。したがって、上記の契約は航空機の製造活動を増加させ、冷間成形および冷間圧造ソリューションの需要を促進することになります。

2021年の冷間成形と冷間圧造の市場規模は、APACが最大のシェアを占め、ヨーロッパ、北米、MEA、SAMがそれに続きました。APACは、製造業を促進するための政府の取り組みが増加していることを採用しました。中国やインドを含む各国の政府機関は、メイドインチャイナやメイドインインインディアなどの取り組みを開始し、産業機器、医療機器、自動車などの現地生産に影響を与えています。これらの要因が、APACの冷間成形および冷間圧造市場の成長に寄与しています。

北米は、予測期間中に最も高いCAGRを記録すると予想されています。この地域全体のメーカーによる生産工場や研究開発センターの設立のための投資の増加が、冷間成形および冷間圧造ソリューションの需要をさらに高めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]