プロバイオティクス乳幼児用ミルク市場、2022年~2028年までCAGR14.1%で成長予測

プロバイオティクス乳幼児用ミルク市場は、2022年から2028年までCAGR14.1%で成長すると予測されています。市場は2028年に254億1,241万米ドル規模に到達する見込みです。

プロバイオティクス乳幼児用ミルクは、母乳の代わりとして使用できる人工食品です。これらは、高度な品質保証プロトコルと特定の製造能力を必要とするため最も複雑な食品です。市場は、人口の増加により大きな成長を遂げています。アジア太平洋地域の人々の可処分所得の増加は、プロバイオティクス乳幼児用ミルクの受け入れを促進しました。急速な都市化と中産階級の増加が市場の成長を後押ししています。若いワーキングマザーの人口は増加しており、乳幼児用栄養製品に大きく依存しているため、プロバイオティクス乳幼児用ミルクの需要を後押ししています。

米国国勢調査局の推計によると、2022年の5歳未満児人口は約2,480万人であり、2030年には約2,520万人に増加すると予想されています。したがって、6歳以下の子供の人口が増加することで、需要が高まると予想されます。

働く女性の人口増加がプロバイオティック乳幼児用粉ミルク市場の成長を促進

多くの女性が出産後すぐに仕事に復帰しています。そのため、乳児用粉ミルクのような製品は、準備が簡単で時間もかからないため、働く女性にとって理想的です。粉ミルクは母乳のように栄養価があるため、消費者の間で普及が進んでいます。働く女性の人口増加は、プロバイオティクス乳幼児用ミルクの需要を推進する重要な要因となっています。

中国は、プロバイオティクス乳幼児用ミルクの最大市場の1つです。中国は2016年に数十年続いた一人っ子政策を廃止しました。中国政府は2021年5月、国勢調査のデータで出生率が急激に低下したことを受け、夫婦が人まで子供を持つことを認める発表を行いました。この出生数の急増は、プロバイオティクス乳幼児用ミルクの需要拡大につながると予想されます。消費者の粉ミルクに対する購買行動にはパラダイムシフトが起きており、親は従来の粉ミルクよりもプレミアムやウルトラプレミアムの粉ミルクを好むようになっています。この傾向は今後も続き、市場の成長を促進すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]