医療用グレード紙市場、2022年~2028年までCAGR3.8%で成長予測

医療用グレード紙市場は、2022年から2028年までCAGR3.8%で成長すると予測されています。市場は2028年に56億3,075万米ドル規模に到達する見込みです。

医療機器業界における保護包装の需要の高まり、医療用品の消費量の増加、無菌状態を維持するのに適した便利で使いやすい医療グレード包装へのニーズの高まりなどの要因が、医療グレード紙市場の成長を促進しています。しかし、医療用グレード紙の製造に関する厳しい規制や代替品の存在が、市場成長の妨げになっています。

医療用グレード紙は、強度とバランスのとれた多孔性を持ち、医療機器の有効な保護材料として、安全で保護的なバリアを提供するため、一般的に医療製品の包装に使用されています。医療用紙市場のメーカーは、高純度セルロース繊維を利用して、蒸気、酸化エチレン、ホルムアルデヒド、放射線などの滅菌方法や薬剤に影響されない紙を製造しています。メディカルグレード紙は、通常、カテーテル、針、ゲージ、手袋、包帯などの医療機器の包装に使用されます。セルロース繊維を主成分とし、滅菌剤を浸透させるために加工されています。

北米は、各国における高齢化率の上昇と地域内の様々なセクターにおける産業の成長により、予測期間中に医療用グレード紙市場を支配すると思われます。また、2022年の北米市場では米国が最大のシェアを占めており、同国は予測期間中、同地域の市場を支配する予想です。米国議会予算局(CBO)の2021年報告書によると、製薬業界は2019年に830億米ドルを研究開発費に充てました。2010年から2019年の間に、販売承認された新薬の数は前の10年と比較して60%増加し、2018年に承認された新薬の数は59と最高を記録しました。

米国における医薬品包装製品の需要は、医薬品開発の活発化により増加し、医薬品メーカーがこれらの包装を利用して、包装システムの汚染バリア性、セキュリティ性、機能性を向上させることで、成長が加速すると考えられます。医薬品の無菌包装は、製品を保護するための主要かつ不可欠な要素です。このため、米国の医療用グレード紙市場は予測期間中に成長すると思われます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]