オーガニックワイン市場、2022年~2028年までCAGR12.0%で成長予測

オーガニックワイン市場は、2022年から2028年までCAGR12.0%で成長すると予測されています。市場は2028年に245億5,714万米ドル規模に到達する見込みです。

市場の成長の背景には、オーガニックで持続可能な食品・飲料に対する消費者の嗜好が急速に高まっていることが挙げられます。最近では、人々のライフスタイルや社会的価値観が進化しており、それがオーガニックワインなどのオーガニック飲料の需要を高めています。また、デジタル技術によって製品にアクセスできるようになったことも、オーガニックワインの需要をさらに後押ししています。

例えば、赤ワイン、白ワイン、ロゼワインはそれぞれ異なるサイズのボトルや缶に詰められており、消費者の選択肢を増やしています。持続可能な農業を支持する政府の取り組みが増加していることも、オーガニックワインの生産量増加につながっています。有機ワインの入手可能性の高さと製品の利点に対する認知度が、有機ワインの需要に大きく寄与しています。

2021年、欧州は世界のオーガニックワイン市場の主要シェアを占めています。しかし、北米は予測期間中、市場で最も高いCAGRを記録すると推定されます。北米のオーガニックワイン市場は、米国、カナダ、メキシコに区分されます。米国は、量的にワインの主要消費国のひとつです。また、国連が発表したデータによると、同国では有機ブドウ園の数が増加しており、ヨーロッパからのワインの輸入量も多くなっています。

市場インサイト

オーガニック製品への嗜好の高まり

オーガニックワインは、有機農法に則ったブドウから作られるため、ますます人気が高まっています。人工肥料や化学肥料、殺菌剤、殺虫剤、除草剤は、政府機関によって生産が許可されていません。オーガニックワインは、抗酸化物質、ビタミン、ミネラルを多く含むため、より健康的です。赤ワインに含まれるレスベラトロールは、コレステロールを減少させ、癌を予防する効果があります。USDAオーガニック、Demeter、Eco Certなどの団体が、オーガニックワインの生産を規制・支援しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]