歯のホワイトニング市場、2022年~2028年までCAGR4.3%で成長予測

歯のホワイトニング市場は、2022年から2028年までCAGR4.3%で成長すると予測されています。

市場は、口腔衛生のための意識の高まり、家庭用歯のホワイトニングキットの増加採用、歯のホワイトニング製品の技術的進歩などの要因によって成長すると予想されます。また、審美歯科のブームは、今後数年間で市場の成長を後押しする可能性があります。このような要因が、最近の世界の歯のホワイトニング市場を支えており、予測期間中も同様の傾向が続く見込みです。

市場インサイト

口腔衛生に対する意識の高まり

口腔内の病気を防ぐには、口腔衛生と歯科衛生が不可欠です。良好な口腔衛生は、良好な習慣と衛生状態を維持することによって達成することができます。歯の本質的な汚れは、歯の表面の染色と定義されます。真性歯垢は通常、タバコの摂取やコーヒー、紅茶、ワイン、コーラ飲料の頻繁な摂取が原因で起こります。歯の表面下の着色は、内在性歯牙着色と呼ばれます。さらに、不十分なフロスやブラッシングなど、歯の衛生状態が悪いと、歯の変色を招きます。

また、歯のエナメル質や象牙質に影響を与える様々な病気も、歯の変色を引き起こす可能性があります。口腔衛生と歯のホワイトニングに関する意識を高めるため、多くの民間および政府機関が、口腔疾患のリスクを減少させるための会議、調査、プログラムを世界中で行っています。例えば、2019年6月には、ロンドン歯科専門医によるTeeth Whitening Day Conferenceがイギリス・ロンドンで実施されました。また、2020年7月には、歯科教育会議が第25回歯科教育国際会議をイタリア・フィレンツェで実施しました。この会議では、レーザー歯科、ナノ歯科、歯のホワイトニング、小児歯科などの重要なトピックに焦点を当てました。このような要因は、歯のホワイトニング市場を支援しており、予測期間中も同様の傾向が続くと予想されます。

審美歯科のブーム

歯科医師は、患者の歯の外観を向上させる様々な機器やシステムを持っています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]