プレバイオティクス成分市場、2022年~2028年までCAGR5.8%で成長予測

プレバイオティクス成分市場は、2022年から2028年までCAGR5.8%で成長すると予測されています。

プレバイオティクスは、細菌や菌類などの有益な微生物の増殖や活性を誘導する食品中の化合物です。発酵は、有益な細菌が大腸でプレバイオティクスを利用する主な作用機序です。スポーツ愛好家やアスリートの間でスタミナと持久力をつけるために食物繊維が豊富な栄養補助食品の人気が高まっていることから、プレバイオティクスは予防医療において重要な役割を果たしており、需要をさらに高めています。このように、予防医療に関する意識の高まりは、プレバイオティクス成分の市場成長を後押ししています。

2021年にはアジア太平洋地域が最大のプレバイオティック成分市場シェアを占め、中東・アフリカなどの他の発展途上地域は予測期間中に大きく成長すると予想されます。市場成長の背景には、消化器系疾患の増加と相まって、腸の健康や免疫の健康障害が増加していることが挙げられます。アジア諸国は、腸の健康を改善するために健康的で栄養価の高い食品と飲料を採用する傾向です。したがって、健康的な食品を採用することへの傾倒は、プレバイオティクス成分市場の成長を推進しています。

食品・飲料分野でのプレバイオティクス原料の需要増加

栄養バー、乳製品、健康飲料、ミネラルサプリメント、朝食用シリアル、ベーカリー製品、菓子、グリーンフード、乳児用フォーミュラへの応用により、食品&飲料業界ではプレバイオティックスの人気が上昇しています。2018年11月、ケロッグ社は、「HI!」というブランド名で、新しいシリアルを発売しました。Happy Insideを発売し、腸内環境を整える消化器系製品のラインアップとして、プレバイオティクスとプロバイオティクスを含んでいます。

イヌリンは、脂肪や砂糖の代わりになる健康的な食品として、食品加工に広く利用されています。米国、インド、中国などの主要な牛乳生産国では、最終製品に望ましい食感を与え、無糖の乳製品を製造するためにプレバイオティクスを活用しています。乳児用粉ミルクやベビーフードには、ガラクトオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、ポリデキストロースなどプレバイオティクス成分が含まれています。これらはプレバイオティクス原料市場の成長を促進する要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]