ボトルウォーター市場、2022年~2028年までCAGR5.9%で成長予測

ボトルウォーター市場は、2022年から2028年までCAGR5.9%で成長すると予測されています。市場は2028年に3,228億5,000万米ドル規模に到達する見込みです。

ボトルウォーターには、主に炭酸/スパークリングとスティルウォーターの2種類があります。ボトルウォーターは、浄化され、汚染なくパッケージされた飲料水です。

2021年、アジア太平洋地域はボトルウォーター市場を支配しており、予測期間中も支配を維持すると予想されます。水系疾患に関する意識の高まり、プレミアムボトルウォーターの受け入れ拡大、炭酸清涼飲料からボトルウォーターへの需要のシフトが、アジア太平洋地域でのボトルウォーター需要を牽引しています。

消費者の健康意識の高まりにより、栄養強化水への嗜好が高まっています。持続可能性や環境に優しい製品を支持する消費者の存在感が増していることが、環境に優しいボトルウォーター包装の需要増につながっています。ダノン、コカ・コーラ、ペプシなどの企業は、環境に優しいボトルウォーターパッケージの開発にますます注力しており、アジア太平洋地域のボトルウォーター市場に成長の機会を提供しています。

炭酸飲料からボトルウォーターへの需要シフト

COVID-19が大流行した際、世界中の消費者はますます健康と幸福を優先するようになり、純水や超純水ボトルウォーターの需要を押し上げました。消費者は、スポーツドリンクやジュースなどの高カロリーで炭酸や糖分の多い飲み物よりも健康的な選択肢として、外出先で水を飲むことが多くなっています。2021年9月に「Beverage Industry」に掲載された記事によると、2020年のボトルウォーターの売上は4.7%増となりました。健康飲料に関する消費者の意識の高まりに加え、多くの消費者が炭酸飲料を控える決断をしたことが、ボトルウォーターへのシフト増加につながっています。

タイプ別インサイト

市場はタイプ別にスパークリングとスティルに分類されます。スパークリングはボトルウォーター市場の中で最も成長率の高い分野である予測です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]