イベント市場、2022年~2028年までCAGR11.1%で成長予測

イベントの市場は、2022年から2028年までCAGR11.1%で成長すると予測されています。

イベントとは、特定の時間や場所に一般市民が集まることです。イベントを開催する目的は、企業の収益性向上から、祝賀、娯楽、地域社会の関心事の支援まで、多岐にわたります。会議・展示会、ビジネスイベント・セミナー、マーケティング・資金調達、音楽・美術鑑賞、スポーツ、フェスティバル、貿易展示会、製品発表会などが代表的なイベントです。企業組織、公的組織、団体などがイベント市場の主要なステークホルダーです。

スポンサーは、イベントを実施するための最初の資金源であるため、イベント産業の屋台骨と考えられています。世界的なスポンサー数の増加に伴い、市場規模は大きく拡大しています。大企業は、毎年、自社のカレンダーに従って複数のイベントを開催しており、年間イベントカレンダーは大きく見積もられています。大手企業は、イベント会社に手配を依頼することで、市場の成長に大きく貢献しています。

COVID-19パンデミックによる世界的なロックダウンは、2020年のイベント市場の成長に緩やかな減速をもたらしました。膨大な数の人々が自宅で仕事をし、昼夜を問わずオンラインで過ごす時間が増える中、パンデミックはデジタルへのシフトを加速させました。デジタルリソースに対する需要の高まりは、多くのソフトウェアおよびプラットフォーム企業のシステムにストレスを与え、品質と信頼性の高いサービスを提供する能力を阻害しています。流行が始まって以来、バーチャルイベントの人気が高まり、協会、プロの会議主催者、企業幹部、マーケティングマネージャー、製品管理、人事など主要関係者によるモビリティソリューションへの需要の高まりが要因となっています。しかし、パンデミックは、COVID-19ウイルスの蔓延を抑制するためにスポーツイベント、展示会、著名なフェスティバル、コンサート、結婚式などがキャンセルされ、市場の成長にマイナスの影響を与えました。

バーチャルイベントは、COVID-19以前から存在しており、今後も同じように続いていく見込みです。しかし、パンデミック時にバーチャルイベントの人気は高まっています。パンデミック以前は繁栄していた多くの産業が、大幅な収益減に直面し、市場の成長という点でも縮小しています。多業種にわたるいくつかの企業は、すでに破産を宣言したり、従業員のかなりの部分を解雇せざるを得なくなったりしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]