植物由来の肉製品の市場、2022年~2028年までCAGR15.3%で成長予測

植物由来の肉製品市場は、2021年から2028年までCAGR15.3%で成長すると予測されています。市場は2028年に145億米ドル規模に到達する見込みです。

植物由来の食肉製品には、パティ、ミートボール、ナゲット、ソーセージ、ひき肉などがあります。不飽和脂肪を含まず、熱量も低いため、従来の肉製品よりも健康的です。消費者は、肥満や糖尿病などの疾病の増加により、動物性肉製品から植物性肉製品への移行が進んでいます。

2020年、植物性代替肉製品の世界市場ではヨーロッパが最大のシェアを占めており、予測期間中は北米が最も速いCAGRを記録すると推定されています。植物性食品協会によると、米国における植物性食品の小売売上高は、2019年には2018年のそれと比べて11%増加し、45億米ドルの市場価値を叩き出しました。

ソーセージ、ミートボール、ナゲットなどの植物性肉製品の高い栄養価が、ここ数年、特に若年層の間で北米での需要を喚起しています。さらに、植物性食肉市場は、これらの製品の生産を開拓したImpossible Foods Inc.やBeyond Meatなどの新興企業の存在により、この地域が中心となっています。

ヴィーガンとベジタリアンの急増が植物性食肉製品市場を牽引

近年、ベジタリアン人口、特にヴィーガン人口が大幅に増加しています。健康への関心の高まりから、ベジタリアンの食生活に切り替える人が増えています。多くの栄養士や保健師は、肥満、心臓病、高血圧、消化器系疾患などの慢性的な健康問題のリスクを軽減するために、肉の消費を減らし、ベジタリアン食に切り替えることを推奨しています。Google Trendsによると、2019年にイギリスをはじめ世界中でGoogle検索された用語のトップ5にヴィーガンが入っています。したがって、菜食主義やベジタリアニズムの急増傾向は、植物性肉製品市場の進展を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]